無料プレゼント企画


 

実力がついたら起業する? それ上手く行かないよ

更新日:

どうも中山です。

 

近々引っ越しするので

その準備をしているのですが、

思ったより大変で疲れ果ててます笑

 

初めての引っ越しなので楽しい気持ちと

不安な気持ちが入り混じってます。

 

こんな状態で大丈夫なのか・・・

 

 

さて今回のテーマは実力がついたら起業するという甘い考えを打ち砕く。

 

 

実力がついて起業するは一生起業できません

 

「実力がついてから」とよく言う人がいますが、

一体どれくらいの実力が必要なのか?

 

実際に必要な実力なんてわかっていないと思います。

ダメダメですね。

 

そこで何がダメなのかをこの記事でお話していこうと思います。

 

 

 

考え方が逆

 

 

例えば、

 

あなたがプロ野球のドラフトで指名されたとします。

でも実力が足りないからと断りますか?

 

ドラフトで指名されて断る人ってほとんどいないですよね。

 

でも「実力がついてから起業する」ということは、

上の例と同じことです。

 

考え方が逆です。

 

正しいのは「起業してから実力をつける」です。

 

そもそも経営するためのスキルとその他ビジネスのスキルは別物です。

 

ここを一緒にしている人が多いです。

 

このままじゃ一生実力はつかないということですね。

 

 

実力をつけるたった一つの方法

 

 

何をするにも実力をつける方法は一つしかありません。

それは

 

「経験」

これしかないですね。

 

野球で例えると、

120キロのストレートを投げるための理論ばかり勉強して

実際に120キロ投げれるようになるかと言われれば

当然無理ですよね。

 

120キロのストレートを投げたいのなら

120キロを出せるだけの筋肉をつけたり、

腰の回転や腕の振り方を改善しなくてはなりません。

 

経験することで成長するということですね。

 

つまりリスクをとるということです。

成長したければリスクをとらないと成長しません。

 

失敗を恐れてリスクを避けることばかりやっていると

一生稼げません。

 

 

 

リスクを最小限に抑える方法

 

自分のできる範囲より少し上を目指すということですね。

 

例えば、

今まで記事を書いたことのない人がいきなり3000文字書こうとしても

高確率で意味のわからない記事になるか途中で諦めます。

 

ですが最初は600文字書こうとしたらどうでしょうか?

600文字くらいなら少し頑張れば達成できます。

 

このようにいきなり高い場所を目指すのではなく

少しずつステップアップしていくことでリスクを最小限に抑えることができます。

 

 

まとめ

 

何事もまず実践した後から実力をつける。

経験を積むことがが一番成長する。

 

今回はこれで終わります。

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-思考・戦略

Copyright© 中卒サラリーマンがアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.