無料プレゼント企画


 

日本人の仕事はおかしい

更新日:

どうも中山です。

今回は日本人の仕事観や働き方についてお話します。

 

 

日本人は働きすぎ

 

基本的に日本は「週40時間以上働いたらいけない」という法律があります。

これを守っている会社はごく少数でしょうけど。

 

続いてオランダは週36時間、フランスは週35時間。

 

それに加えて、ヨーロッパでは「バカンス休暇」なるものが

夏と冬に2週間あるそうです。

飲食店ですらバカンスを取っているほどです。

 

そしてヨーロッパでは残業を基本的にしない。

どれだけ遅くても次の出社までに11時間は休まないといけないそうです。

 

日本ではあり得ない光景ですね。

有給すらまともに貰えるかわからない状態の会社が多いですね。

 

ましてや2週間もバカンスなんて取ろうとしたらクビになる可能性すらあります。

残業ですら当たり前の時代ですからね。

 

ヨーロッパで残業をする人は、基本的に仕事ができない人だそうです。

つまり海外から見た日本の仕事は異常な光景に見えているということですね。

 

 

日本人はほぼドM

 

これだけ海外との差があるのに日本人は、

今の仕事環境を誰も不思議だとは思はない。

 

それは

週40時間、

早く帰りたい気持ちを抑えて残業するのは当たり前、

家族と出かける予定があっても、忙しければ休日も出勤。

会社に雇われている間は会社のためにすべてを尽くせ。

 

これが当たり前だと思っているからです。

小中高とこれらを徹底的に教育されているからですね。

 

雇われる以外の道を選んだ人達

 

その中でも日本の仕事観に疑問を抱いて雇われる以外の道を選んだのが、

ユーチューバーや僕らアフィリエイター、

せどりやFXで稼いでいる人達ですね。

 

特に20代は増えてきてますね。

20歳で1億稼いだなんて人も現れ始めてます。

 

それを見た40代50代の人達は、

「甘えだ」「ふざけるな」

みたいな事を言っていたりします。

 

やはり年齢がますほど日本の仕事観が根強いものになっていますね。

 

 

ではなぜ日本は海外とこんなにも差があるのか?

それは

「俺らも通った道をお前らも通れ」

と上司たちが言っているからです。

 

なぜか効率の悪いことばかりをやらせているから、

仕事に進展もなく、明らかに効率のいい案ですら通らない。

 

それが今の日本です。

 

 

まとめ

 

海外と比べたら日本の労働時間は長すぎる

日本人は学校の教育でそれが当たり前だと教育されている

年齢が増すほど日本独特の価値観が根強いものになる

 

そんな社会に疑問を抱いた人達がネットビジネス「FX、せどり、アフィリエイト、ユーチューバーなど」

に挑戦している人達です。

 

今回はこれで終わります。

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-労働とお金, 人気、おすすめ記事

Copyright© 中卒サラリーマンがアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.