特定電子メール法 メルマガアフィリエイトで必ず表示するべき項目とは?

更新日:

どうも中山です。

今回はメルマガの書き方講座2 特定電子メール法について解説します。

特に今回は法律上守らなければ大変な事になるので外せない内容となっています。

 

前回の記事

メルマガアフィリエイトのメリット・デメリット【動画付き、デメリットを補う方法もご紹介】

どうも中山です。   僕がメルマガアフィリエイトを実践していく中で感じたメリット、デメリットを包み隠さず書いていきます。     特に初心者は、 メルマガアフィリエイトがお勧めと言われても どんなメリットがあるのか? デメリットはないのか? など   気になる部分ですよね。     そこで今回はメルマガアフィリエイトのメリット、デメリット ...

続きを見る

 

 

 

特定電子メール法とは?

 

メルマガを配信する場合、必ず特定電子メール法を守る必要があります。

この法律を守らなければ

「送信情報を誤った送信」「架空電子メールアドレス宛に送信」

「送信拒否者への送信」「表示義務違反」「同意のない者への送信」

1年以下の懲役または100万円以下の罰金

「同意の記録義務違反」

100万円以下の罰金

 

こういった処罰を受ける可能性がでてきます。

 

それでは各項目についてそれぞれ解説していきます。

 

 

メルマガ購読の許可を取る

 

メルマガを送信していい相手は、

「あなたのメルマガを購読する」と同意してくれた相手だけです。

勝手に他人にメルマガを送る行為は違法です。

 

例えばあなたがネット上から拾ってきたメールアドレスにメルマガを送ることができません。

およびメルマガ購読の解除をした人に送ることもできません。

 

 

メルマガ読者の登録した場所や時間、方法を記録する

 

メルマガを発行する側は、読者がいつ、どこで、どのようにしてメルマガに登録したのか、

いつでも本人に開示できる状態にしなければなりません。

 

メールアドレスを登録した日時

メールアドレスを登録した場所「LPや無料レポートスタンド」

メールアドレスを登録した方法「自発的、無料レポート」

 

メルマガを発行する場合、以上の3つの情報をエクセルなどに保存しておきましょう。

仮にメルマガを解除した場合も最後に送信した日から一ヶ月は保存しておく義務があります。

 

 

表示義務

 

メルマガを発行する場合は必ず以下の発行者情報を表示する義務があります。

 

送信者の氏名または名称

送信者の住所

 

メルマガには自分の本名と住所を記載しなければなりません。

氏名は違反があった場合、本人特定をすることが目的ですのでハンドルネームはダメです。

 

特にこの表示義務は抵抗ある人が結構いますが、

アフィリエイトはビジネスなので必ず表示してください。

 

例えばあなたがネット通販をする場合、

お店の名前も住所もないところから買い物したいと思うでしょうか?

絶対思いませんよね。

 

どうしても嫌な場合は、事務所などを借りたりして対策するしかないです。

 

他にもお問い合わせやメルマガ解除URLは表示しましょう。

聞きたいことや質問がある読者がいた場合は表示した方がスムーズです。

メルマガ解除URLもスムーズに解除できるようにしなければなりません。

 

 

 

 

 

-メルマガ

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.