メルマガLP「ランディングページ」作成法【登録率20%超えのLPを公開】 

更新日:

今回はメルマガ登録ページの具体的な作り方について解説します。

 

メルマガLPは、メルマガ読者を集客するために必ず必要なモノで、

LP次第で今後の収益を左右することになります。

そのため、この記事では登録率の高いメルマガLPの作り方を

詳しく解説していきます。

 

 

 

メルマガ登録ページ「メルマガLP」とは

 

メルマガLPとは名前の通りメルマガに登録してもらうためのページです。

こんなページです。

メルマガLP

このページは僕が使っていたLPで登録率20%を超えていました。

 

 

通常、メルマガ登録は登録フォームのみでも可能です。

でも登録フォームのみでどんなメルマガかもわからないのに登録したいとは思いませんよね。

 

そこでメルマガLPの出番というわけです。

メルマガLPにはそのメルマガで得られるメリットやプレゼント、

メルマガを始めた経緯などを書いていくことで、

メルマガ登録の心理的な抵抗を少しでも減らすことができます。

 

ちなみに僕が使っているLPツールはこちら。
LP作成ツール『colorful』

使いやすく直感的に操作できるので、

初めてでも簡単に綺麗なLPを作ることができます。

 

メルマガLPの構成

 

メルマガLPの基本的な構成は、

 

1ヘッドコピー

2メルマガで得られるメリット箇条書き

3登録フォーム

4メルマガの具体的な内容

5特典の紹介

6登録フォーム

7想い

8登録フォーム

 

最初はこの構成で作ることを推奨します。

始めから自己流でやると大抵失敗します。

 

全く登録されないメルマガLPなんて作りたいと思いませんよね?

なので最初はテンプレート通りに作って、

読者の反応を見ながら型を破っていくことをお勧めします。

 

それでは一つずつ解説していきます。

 

 

ヘッドコピー

 

ヘッドコピーとは、メルマガLPの最上部で読者が最初に目にする部分です。

ヘッドコピーを見てページを読むか判断され、興味がなければ3秒で閉じられてしまいます。

 

つまりヘッドコピー次第でその先の文章が読まれるかどうか決まるということです。

ブログでいうところのタイトルですね。

 

ヘッドコピーの役割は、

1ターゲットに興味を持ってもらい立ち止まってもらう

2ヘッドコピーの先を読んでもらうこと

 

メルマガLPの反応はヘッドコピーで7割決まると言われています。

 

ヘッドコピーがダメだったら、その先すら読まれないのでプレゼントなどにいくら

力を入れても登録されません。

 

メルマガLPを作る際はヘッドコピーに全力を注ぐ必要があります。

 

 

ヘッドコピーを書く際に意識すること

 

ヘッドコピーを書く際に意識するべきことは、

1メリット

2興味を引く

3ターゲットを絞る

この3つの要素はなるべく含めるようにしてください。

 

さらに反応が高いヘッドコピーの要素として以下の8個の要素もご紹介します。

 

1無料

人は無料が大好きです。

「無料でプレゼントします。」と言えば

「無料でどんなプレゼントが貰えるのだろうか?」と気になって登録してくれる読者もいます。

 

2独自性、新しいさ

人は最新のものには興味を惹かれます。

新しい情報を手に入れたいと思う人は多いですよね。

「ライバルのいない全く新しい手法があります。」と言われると

とりあえず内容だけでも確認してみようかと思われて登録してくれる読者もいます。

 

3簡単さ

人はより簡単な手法や手軽な手法に興味を惹かれます。

人間は基本的に面倒くさがりですからね。

できれば苦労が少なく成功したいと思っています。

現に多くの人が「聞くだけで」「1日5分」などの言葉に反応してしまいます。

 

4スピード

成果が出るまでの期間ですね。

成功するのに何年も我慢できる人などそうそういません。

基本的にメルマガに興味を持つ人は「今すぐ解決したい」「今すぐお金が欲しい」

と思っている人が大半です。

 

5具体性

メリットなどを提示する時に書いている言葉が具体的であるほどイメージしやすいです。

例えば、

1「稼ぐ方法を教えます」

2「アフィリエイトで半年後に月収50万円稼ぐ方法をお教えします」

 

どちらが具体的にイメージできますか?

2番ですよね。

イメージできない言葉は魅力を感じません。

 

6ギャップ

ギャップはブログタイトルでも効果的ですね。

例えば、

「中卒サラリーマンが月収100万円稼いだ」

「女子高生社長」

 

常識ではあり得ないこと、関係なさそうなことを合わせることで読者の興味を引くことができます。

この手法はテレビや雑誌などでもよく使われていますね。

 

7限定性

人は、希少なもの、あまり出回っていないものに魅力を感じます。

「5名様限定!登録プレゼント」

「5日間限定公開」

など。

 

8実績

これはすでに実績がある人しか使えないのですが、効果は大きいです。

「月収100万円稼いだアフィリエイト手法」

「ブログランキング1位を取った戦略」

など。

あなたが何か使えそうな実績があれえば積極的に使っていきましょう。

 

 

メルマガで得られるメリット箇条書き

 

ヘッドコピーの次はメリットの箇条書きです。

ここではメルマガで得られるメリットをターゲットを意識しながら箇条書きしていきます。

ポイントは、読者の好奇心と期待を高めることを意識して書くことです。

 

どんなものが手に入るのか?

読むとどうなれるのか?

どんな悩みが解決されるのか?

どんな未来が手に入いるのか?

 

ここで気をつけるべきポイントは、メリットを多く書きすぎないこと。

メリットを100個も書いてしまうと長すぎて読むのが嫌になったり、

不審がられることにもなりかねません。

 

メリットは10個程度にしておきましょう。

 

ここで注意して頂きたいのが、

ターゲットに対してのメリットを書くことです。

 

たまにターゲットが興味を抱かないようなことを書いてる人がいます。

例えば、

「このメルマガを読めば年収1億円稼げます」

「将来豪華客船でパーティーができます」

など。

 

こんなことを望んでいる人は少ないですよね?

仮にサラリーマンがこのようなメリットを聞いて、

どんな反応すると思いますか?

 

おそらく怪しいと感じるでしょう。

 

メリットとはあくまでもあなたのターゲットにとってのメリットである必要があります。

 

 

登録フォーム

 

登録フォームとはメールアドレスを入力する部分です。

 

登録フォームのポイントは、

読者の登録する手間をなるべく減らすことです。

登録フォームがどこにあるかわからない状態だと面倒に感じて登録をやめる可能性が出てきます。

 

登録フォームはなるべく目立たせて、複数設置するようにしましょう。

 

 

また登録項目はできるだけ「姓+メールアドレス」を登録してもらいましょう。

ここで必要のない項目まで設定すると入力が面倒になったり、個人情報を提供することに

抵抗のある人も多いので登録項目は最低限にしましょう。

 

さらに姓をハンドルネーム可にするとさらに登録率は上がります。

 

 

メルマガの具体的な内容

 

具体的な内容とは、メリットの箇条書きをさらに詳しくした内容を書きます。

例えば、

自由な人生を送るには何をすればいいのか?

悩みを解決するには何をすればいいのか?

 

この辺を詳しく書いていきます。

 

ここで注意していただきたいのが、あまりにも詳しく書きすぎないことです。

ここで詳しく書きすぎると読者の好奇心が満たされ、登録をやめてしまう可能性がでてきます。

ときには肝心な部分をぼかすことも必要になります。

 

肝心な部分はメルマガ内で說明することで登録率は上がります。

信用や基礎知識とかはメルマガ内でおこなえばOKです。

 

 

 

登録後に送るメルマガの価値を伝える

 

特典を受け取ったらすぐに解除されたり、捨てアドレスで特典を受け取るためだけに登録されたりする人もいます。

それを防ぐためにも登録後に送るメルマガの価値をしっかり伝えることです。

 

いくら読者がいても読まれていなければ存在しないのと同じですからね。

「不定期に追加特典を配布しています」とか一文添えておくだけでも反応は変わってきます。

 

 

特典の紹介

 

いきなり「メルマガに登録してください」と言っても圧倒的な実績がない限り、

ほとんど登録されません。

 

ですがメルマガを始めたばかりの初心者には

そんなすごい実績なんてありません。

 

そこで特典を用意します。

「こんなにすごい特典をプレゼントします」と言われれば、

大した実績が無くても特典目当てで登録してくれる人が増えます。

 

 

そこで特典の価値をしっかり伝えることです。

あなたが苦労して作った特典には特典に魅力を感じてもらわないと損ですね。

いくら有料級の特典を作っても読者が魅力を感じなければ意味がありません。

 

 

例えば、

この特典にはどんなメリットが得られるのか?

金額的にはどれくらいの価値なのか?

この特典を作るのにどれくらい苦労したか?

など。

 

人によっては特典の紹介に何千文字も書く人もいます。

当然その特典は圧倒的に魅力を感じます。

 

 

 

想い(追伸)

 

 

想いとは、

どんな想いでメルマガを始めたのか?

どんな人にメルマガを読んでほしいのか?

 

つまりあなたの想いをただ書いていくだけです。

ここにテクニックはありません。

 

ここでしっかりとあなたの想いを伝えることで

共感されたり、ファンになってもらえる可能性が高くなります。

 

さらにここでターゲッティングも行うことができます。

あなたに興味のない人はここで登録を辞めますし、

あなたに少しでも興味が湧いた人だけがあなたのメルマガに登録します。

 

そういう場合は、当然ですがその後のメルマガも読まれるようになります。

 

 

 

ここで全てのパーツに共通して言えることが、

どんなパーツにおいても常にターゲットを意識して

作成することが重要です。

 

ここをしっかり意識してメルマガLPを作成してください。

 

また綺麗なデザインのLPを手軽に作りたい場合は、

ツールを使うことをおすすめします。

また綺麗でわかりやすいデザインであれば

読者も迷わず登録することができるので、登録率も高くなります。

外注すれば5万円以上は必要になるので

かなりコスパ良いです。

LP作成ツール『colorful』

 

メルマガLPの登録率を爆上げする方法

 

 

メルマガLP(ランディングページ)は、

ただ闇雲に作ってもなかなか登録されません。

 

 

例えば、ダイエット系のブログを運営しているのに、

ビジネス系のLPに誘導しても登録されないのは当然ですよね。

 

 

LPとはターゲットありきで考える必要があります。

 

 

ターゲットを意識すれば高い登録率のLPが出来上がります。

 

特にLPで登録率に影響するヘッダーと特典。

 

この二つには力を入れて欲しいですね。

 

 

ではどんなヘッダーや特典を作ればいいのか?

 

メルマガLPの登録率が上がるヘッダーと特典の作り方

 

ヘッダーと言えばLPの顔。

ここを変えるだけで10%以上も登録率に差が出ることがあります。

 

 

ではヘッダーはどのように考えればいいでしょう?

 

例えば、ターゲットが脱サラしたいサラリーマンなら

アフィリエイトで月30万稼いで脱サラしませんか?

 

こんな感じでしょうか。

 

要はターゲットが反応するばいいのです。

ターゲット以外は反応しなくても問題ありません。

 

そしてターゲットが反応するような内容を書くためには、リサーチです。

 

どれだけターゲットのことを知っているかで

ビジネスに差が開きます。

 

 

逆にターゲットのことを知り尽くしたら

あなたに稼げないビジネスは無くなります。

 

 

 

では特典はどうでしょう?

 

 

メルマガ登録特典は、基本的にノウハウをまとめたPDFや音声、動画になっていますね。

 

ノウハウに拘らず、抽選とかで物を渡してもいいですよ。

 

 

しかし、特典もターゲットが得するような内容でなければなりません。

 

 

脱サラしたいサラリーマンなら

脱サラする方法をまとめたPDFや

自分が脱サラした体験をまとめた電子書籍など。

 

 

無理なくダイエットしたい主婦がターゲットなら

育児中に出来るダイエット法みたいな特典でもいいですね。

 

 

特典でも常にターゲットを意識すること。

 

 

ここでたまに人の特典と比べてしまう人がいるのですが、

そんなの気にしなくて大丈夫です。

 

 

あなたのターゲットに役立つ特典なら

10ページのノウハウでもいいのです。

 

10分の音声でもターゲットに役立つ内容なら

それでOKです。

 

 

意識するのは他人やライバルじゃない

あなたのターゲットです。

 

 

とにかくターゲットが得する特典。

 

ここがポイントです。

 

メルマガLPの特典を作る際に必要な考え方

 

メルマガの特典は何でもいいから適当に付けているわけではありません。

 

特典の一つ一つにちゃんと意味があります。

 

特典で良くある王道パターンが

ノウハウをパッケージ化したものです。

 

例えば、ダイエット系がメインなら

効果的なダイエットのやり方

など。

 

あなたの発信するテーマにあった

特典をプレゼントする方法です。

 

では、特典を作る際にまず最初に考えるべきポイントを解説します。

 

 

ターゲットにとって価値があるかどうか

 

特典とはあなたのターゲットにとって

価値があるものでなければ意味がありません。

 

例えば、30代会社員を集客したいのに、

『20代から始める仮想通貨』みたいな特典を付けたらどうでしょう?

 

 

あなたのターゲットは価値を感じるでしょうか?

 

答えはわかりきってますが、価値は感じません。

それはターゲットにとって『20代』

という部分は自分に関係ないと思ってしまうから、

当然、メルマガには登録されません。

 

 

 

そしてもう一つポイントがあります。

ダイエットの情報発信をしているのに

『仮想通貨のやり方』を特典として付けています。

 

ダイエットしたいと思っているターゲットにとって

仮想通貨は興味ありません。

 

 

このような特典は逆効果になります。

 

特典を作る際はしっかりとターゲットを意識して作るようにしましょう。

 

特典の種類

 

特典には様々な種類があります。

ノウハウ

ツール、テンプレート

書籍

 

その中で1番多いのがノウハウをまとめた無料レポートです。

アフィリエイト系ならアフィリエイトで稼ぐ方法、

せどりならせどりで稼ぐ方法など。

 

これらは文章や音声、動画など形式は様々です。

どれが1番いいのかは一概には言えませんが、

特典として魅力を感じてもらえばいいわけです。

 

そしてノウハウの良いところはお金がかかりません。

メルマガで配布するので送料もかかりません。

 

お金もかからないので

最初は無料レポートを特典にするのがいいですね。

無料レポートの作り方と最強テンプレート【最強レポートが作れる】

 

 

特典の質と量

 

特典の量に関しては、ターゲットに価値あるものならどれだけあっても構いません。

流石に100個も200個も特典を付けても見ることができませんが笑

 

実際に居ますよ。

再配布特典100個プレゼントみたいなのが。

 

その特典にはまとまりはなく、

いろいろなジャンルの詰め合わせみたいな感じでしたが。

 

アフィリエイトでもサイトアフィリエイト、

アドセンスアフィリエイト、ppcアフィリエイト...etc

 

中にはアフィリエイトの特典で

ダイエットとか恋愛系の特典が入ってる場合もあります。

 

 

あなたはそんな特典を貰って嬉しいと感じますか?

 

感じませんよね。

それはあなたのターゲットも同じ。

 

だから量よりも質を重視するべきです。

特に最初は質を徹底的に高めることに力を入れましょう。

 

もちろん質が良くて量が多ければ最強です。

 

目安として価値ある特典が5.6個あれば全然売れます。

(場合によっては無くても売れる)

 

 

ということで以上がメルマガLP作成法でしした。

 

 

-メルマガ

Copyright© ケンボーの趣味ログ , 2021 All Rights Reserved.