無料プレゼント企画


 

無料レポート「PDF」の作り方

投稿日:

どうも中山です。

今回はメルマガ集客には欠かせない無料レポートの作り方や書き方を詳しく解説していきます。

 

 

無料レポートの作り方

 

今回解説するのは

1無料レポートとは何か?

2無料レポートを書く際の考え方

3無料レポートのネタは

4ダウンロード数を伸ばす

5無料レポート作成の手順

6無料レポートの構成

この4つです。

 

それでは1つずつ解説していきます。

 

無料レポートとは何か?

 

無料レポートとは、

あなたが取り組んでいる分野の知識、ノウハウをまとめたレポートです。

 

無料レポートはメルマガを行うためには必ず必要です。

 

無料レポートの役割

 

無料レポートには2つの役割が存在します。

1集客コンテンツ

2教育コンテンツ

この2つです。

 

まず集客コンテンツとは、

1メルマガ登録時の特典として利用する

2無料レポートスタンドからの集客

3何かしらのプレゼント

こういった集客を目的としたコンテンツを作成する。

 

次に教育コンテンツとは、

ノウハウやマインドなどの基礎知識を与える場合に利用します。

 

 

 

無料レポートを書く際の考え方

 

無料レポートを書く際にいきなり書けと言われて書ける人はそうそういません。

特に始めたばかりの頃は、無料レポートなんて書ける知識がないと諦めてしまう人も多いです。

 

ですが無料レポートにはパターンがあり、そのパターンにそって書いていけば誰でも作成することができます。

ただその前に無料レポートを書く際に意識してほしいことがあります。

 

 

手抜きをしない

 

無料レポートで絶対守って欲しいことの一つです。

無料だからといって絶対に手抜きをしないこと。

 

無料レポートスタンドには毎日たくさんのレポートが登録されます。

その中でもすごく役に立つレポートもあれば全く役に立たないレポートもあります。

 

無料レポートはダウンロードするまで中身を見ることができません。

いくら手抜きでもタイトルや画像に力を入れればそれなりにダウンロードされますが、

手抜きレポートで集客して稼げるかといえば稼げません。

 

読者にとってはわざわざダウンロードした無料レポートが手抜きだとわかるようなレポートだったら、

がっかりして、もう二度とあなたのレポートをダウンロードすることはなくなります。

 

つまり読者から「つまらないレポートの人」と認識されてしまいます。

そうなると今後いくら力作のレポートを書いてもダウンロードすらされなくなります。

 

 

無料レポートを書く際は読者にとって役に立つレポートを作るという気持ちで書いてください。

 

無料レポートを読んで「少しでも役に立った」と思ったら今後レポート作者のメルマガを読んでもらえる可能性が高くなります。

無料レポートは全力で作りましょう。

 

 

いきなり大作を作る必要はない

 

無料レポートというのは数をこなす必要があります。

最初から何百もダウンロードされる人はいません。

 

そんなすごいレポートが作れるならすでに稼げているはずです。

まずは数をこなすことを意識してください。

数をこなしている内に知識や経験が増えてレポートの質がどんどん上がっていきます。

 

 

最初は10ページ程度のレポートをたくさん作って、

10ページのレポートを10個合わせて100ページのレポートを作る。

そして大作レポートの完成です。

 

例えば、

アフィリエイトで必要な考え方

ブログの作り方

メルマガの基礎

これらを合わせて

アフィリエイトで稼ぐ方法といったレポートの出来上がりです。

 

 

ネタがかぶるかもしれない

 

無料レポートは無数に存在します。

その中でネタがかぶるかもしれないと悩む方が多いですが、

かぶっても問題ないです。

 

現在登録されているレポートはほとんどが過去のネタとかぶっています。

考えるだけ無駄ということですね。

 

ここで意識してほしいのが

自分より後から始める人に向けて書けばいいのです。

初心者というのは本当に何も知らない状態です。

その中であなたが教えられることはいくらでもあるということです。

 

そもそも無料レポートとはブログより少し力の入ったものを書くようなものです。

手抜きをしてはいけませんが、最初から完璧を求める必要はありません。

 

いくらネタがかぶっていようともあなたが書いたことに意味があります。

 

 

無料レポートのネタ

 

無料レポートの主要ネタは

1知識、ノウハウ系

2手順解説系

3対談系

4実績、体験談系

5プレゼント系

主にこの5つです。

中にはイレギュラーなものも存在しますが、基本はこの5つです。

 

知識、ノウハウ系

 

知識、ノウハウ系とは、書くのに多少手間がかかりますが、人気が高いレポートです。

特に知識、ノウハウ系は初心者でも調べれば書くことができます。

 

例えば、

アフィリエイトに関する書籍や教材をいくつか購入して、要点をまとめてレポートにする。

これだけでも読者にとっては役に立つレポートです。

 

特に実績のない初心者には書きやすい部類になりますね。

ただ知識、ノウハウをまとめるだけでなく、そこにあなたの体験などを入れると面白いレポートになります。

 

手順解説系

 

手順解説系のレポートも初心者でも書けますね。

例えば、

「ブログ解説の方法」

「Twitterの登録方法」

など。

 

特に初心者の方には非常に役に立つ内容ですね。

誰よりも詳しく書くことであなたのファンになってもらえる可能性もあります。

ただインパクトなどはないので大きなダウンロードはされませんが、初心者層の読者を集めることができます。

 

対談系

 

対談系レポートとは、

誰かと共同でレポートを作ることです。

 

特にある程度、実績のある人と対談すると非常に人気が出ます。

 

ただ初心者が取り組むには少しハードルが高いですね。

何の実績もない人と対談してくれるほど暇ではありません。

 

初心者が対談をお願いする場合は、教材を実践して、その教材で成果を出して販売者に成果報告をすれば

対談に応じてくれる可能性が高くなります。

 

他にも気になる人のセミナーや懇談会などに積極的に参加して

ある程度、認識してもらうと対談に応じてもらえる可能性が高くなります。

 

実績、体験談系

 

実績、体験談系レポートは人気も出やすく書きやすいレポートの一つです。

特に成功体験は大きなダウンロード数を狙えるレポートです。

例えば、

「アフィリエイト初心者が3ヶ月で月収50万円稼いだ戦略」

「ブログランキング1位をとった戦略」

など。

 

すでにあなたが体験して成果が出たレポートというのは誰にとっても気になる内容です。

実際、無料レポートスタンドのランキング上位にも成功系レポートよく入っています。

 

また失敗談もレポートのネタになります。

 

「ブログが突然削除された。その原因とは?」

「ブログのアクセスが急に激減した。その原因とは?」

など。

失敗談は読者が同じ失敗をしないように対策などをまとめることで非常に役に立つレポートになります。

 

プレゼント系

 

プレゼント系とは無料レポートでプレゼントを配るレポートです。

例えば、

「画像素材100種類」

「アイコン20種類」

「ヘッダー画像10種類」

「ブログテンプレート」

など。

 

こういったプレゼント系は誰もが欲しいと思えるものが作れれば大きなダウンロードを狙うことができます。

 

ただプレゼント系レポート単体ではファンになってもらえる可能性がないということです。

プレゼントをもらっても「良いものもらった」くらいで終わってしまいます。

 

 

ダウンロード数を伸ばす

 

いくら力を入れてすごい大作レポートを作ったとしても

ダウンロード数を伸ばす工夫をしなければ全くダウンロード数されません。

無料レポートはいくら大作でも中身を見るまで内容がわからない。

 

無料レポートのダウンロード数を伸ばすためのテクニックは2つあります。

 

タイトルと説明文

 

まず手を加える必要があるのがタイトルと説明文です。

以下の赤枠の部分です。

 

タイトルをインパクトあるものにするだけで中身がしょぼいものでもダウンロードされます。

例えば、

「アフィリエイトで稼ぐ方法」

「初心者がアフィリエイトで月収50万稼いだ秘密のテクニック」

 

これなら後者の方が魅力的に見えますよね。

内容が同じものでも後者の方がダウンロードされます。

 

ポイントは、

具体的な数字

秘密、暴露、特別など

人の興味を引くような単語を含めることです。

 

説明文も同じです。

説明文がわかりづらければダウンロードされません。

 

少なくともタイトルと説明文はしっかり書きましょう。

 

 

請求画面

 

以下の画像の赤枠の部分

 

 

 

ここは無料レポートのセールスレターみたいなものです。

 

どんなレポートなのか?

どれほどの価値があるのか?

作者は?

など。

しっかりとレポートの魅力が伝わるような文章を書きましょう。

 

 

表紙画像

 

無料レポートでは表紙画像を自由に選択することが可能です。

以下の赤枠の部分

 

この表紙画像もデフォルトだと手抜き感、満載なので必ず目立つような画像を使いましょう。

 

ダウンロード数を伸ばすにはタイトル、説明文、画像には力を入れましょう。

手を抜けばどれだけ良いレポートを書いてもダウンロードされません。

 

 

無料レポート作成の手順

 

それではいよいいよ無料レポートを書いていきます。

まず無料レポート作成の流れは

1Wordなどで作成する

2PDFで保存する

3サーバーにアップする

4メルぞうに提出

 

この流れで作成していきます。

まずは以下からテンプレートをダウンロードしてください。

無料で10種類のレポートテンプレートがもらえます。

ラムネデザイン テンプレート

 

それではレポートの構成について解説していきます。

 

無料レポートの構成

 

無料レポートの構成は

1 タイトル

2 目次

3 簡易プロフィール

4 本レポートの目的

5 全体像

6 詳細

7 まとめ

8 追伸

9 過去のレポート紹介

10 発行者情報

 

この構成で作成していきます。

それでは1つずつ解説していきます。

 

タイトル

 

まずタイトルで意識するポイントは

1わかりやすく

いろいろ詰め込みすぎて何のレポートかわからないタイトルが多い。

2ターゲットを意識

あなたのターゲットを意識した文章を入れる

 

3数字を入れる

具体的な数字を入れてリアリティーを出す

4実績を利用する

何かしらの実績があればそれを入れる

5特典をアピールする

無料レポートに特典をつける場合は、大々的にアピールする

6簡易性

簡単なものほど人は魅力を感じる

7悩みにアピールする

ターゲットの悩みが解決できるようなタイトルをつける

 

目次

 

目次はひと目でどんな内容が書いてあるのか、分かるようにする必要があります。

何が書いてあるかわからないレポートは読む気になりません。

 

読者のためにもはっきりわかるような目次を書きましょう。

 

簡易プロフィール

 

プロフィールで書くべき内容は

1名前

2何をやっているのか?

3実績や経歴

 

この程度で問題ありません。

無料レポートではブログと違って詳しいプロフィールを書く必要はありません。

簡単な自己紹介程度でいいです。

 

 

本レポートの目的

 

レポートの目的をしっかり伝えることです。

例えば、

本レポートは、アフィリエイトで月収50万稼いだ方法を暴露するものです。

月収50万を稼いでから僕は人生が変わりました。その後ももちろん稼ぎ続けています。

 

これから僕が実際に稼いでいる方法を公開します。

 

ポイントは簡潔に伝えることです。

ダラダラ長い文章を書いていると言いたいことが伝わりません。

 

全体像

 

全体像を伝えないと何を伝えたいのかわからない。

いきなり詳細を説明されても何のことかわからなくなる。

 

例えば、

本レポートで伝えたいことは

1,、、、

2,、、、、

3,、、、

です。この3つを実践していただくことであなたも~という結果を得られます。

なぜかというと、、、、、

 

このような流れで書いていくと書きやすくて、わかりやすい文章になります。

 

詳細

 

全体像を説明したら次は詳細です。

例、

先ほど説明した3つを一つずつ解説していきます。

1~とは、、、、

 

この流れで詳細に入りやすくなります。

 

まとめ

 

最後に伝えたことをまとめることで読者の記憶に残り、

レポートもわかりやすい流れになります。

 

そして最後に相手が共感するような言葉を入れると反応が高くなります。

例えば、

月収50万稼ぐ方法は

1ブログを作る

2メルマガを始める

3無料レポートを書く

この3つが必要です。

 

正直やることがたくさんあって面倒くさいですが、

このレポートを読んでいるあなたならできます。

とか。

 

追伸

 

追伸で熱意や想いを伝えることです。

レポートの内容で差別化は無理ですが、追伸の部分つまり想いで差別化はできるわけです。

 

ポイントは、なぜビジネスを始めたか、読者にどうなってほしいのか?など

エピソードを書く。

 

過去のレポートを紹介する

 

過去のレポートを紹介することでファンになってもらえる場合もあります。

その他に相手の役に立つ、たくさんレポートを書いている=すごいと思われる可能性もある。

 

発行者情報

 

メルぞうにレポートを登録する際は、発行者情報がないと審査に落ちます。

発行者情報

氏名

住所

お問い合わせ

上記の3つはローマ字、画像でもOKです。

メルマガ登録URL

ブログURL

 

これらは最低でも表記しておきましょう。

 

これで無料レポートの作り方を終わります。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-メルマガ関連

Copyright© 元社畜サラリーマンがアフィリエイトで家族と自由を目指す物語 , 2018 All Rights Reserved.