「アフィリエイトで自由になれる」は嘘か?本当か?

投稿日:

どうも中山です。

 

さてさて、今回は「アフィリエイトは本当に自由になれるのか?」というテーマですが、

まず稼いでいるアフィリエイターには2種類のタイプが存在します。

毎日作業に追われる労働タイプ、

月に数記事しか更新しない不労タイプ。

この違いは何でしょうか?

 

これは僕がアフィリエイトを始めた頃にすごく悩んでいました。

 

それでは両者の違いについてお話していきます。

 

 

 

アフィリエイトで自由になれるのか? 労働タイプ、不労タイプ

 

先程の2種類のタイプがいると言いましたが、

この違いが何だかわかりましたか?

 

答えは仕組みです。

 

毎日作業に追われる労働タイプのアフィリエイターは、

手を休めることができません。

手を休めたら収入が0になるから。

 

もし手を休めてひと月くらい遊んでいたら次の月から収入がぱったり途絶えてしまいます。

だから労働タイプのアフィリエイターは鬼のようにキーボードを叩き続ける必要があります。

 

それに比べて月に数記事しか更新しない不労タイプのアフィリエイターは、

毎日好きなことをして、たまに記事を書く程度で労働タイプと同じ金額を稼ぐことができます。

 

なぜそんなことが可能になるのでしょうか?

 

 

不労タイプのアフィリエイター

 

 

2種類のアフィリエイターの違いの大きな違いは思考にあります。

労働タイプの場合は働いて収入を増やすという思考です。

これでは会社員と同じですね。

 

それに比べて不労タイプの場合は「いかに売れる仕組みを作るか?」を考えます。

労働という枠の中に自分をいれないということです。

 

どちらが魅力的かと聞かれれば当然後者ですよね。

 

自由を目指してアフィリエイトを始めたのに

毎日記事ばかり更新していたら自由とは程遠い生活を送っています。

労働タイプは月に500万、1000万稼ごうとも自由になれません。

 

一方ちゃんと仕組み作りを行い、自由になる方向に進んでいたら

月に20万、30万でも自由になれます。

 

 

労働タイプが毎日5記事、10記事書いている時に

不労タイプは趣味に没頭していたり、

家族旅行を満喫していたりします。

 

しかも不労タイプの方が稼いでいる金額が多いこともあります。

考えてみれば当然ですね。

 

不労タイプは時間を自由に使えます。

収入を増やしたければ、集客経路を増やしたり、

成約率を上げたりと様々な事に時間を使えますからね。

 

しかもその仕組みも作ってしまえば、収入も増えてさらに好きなことができます。

 

これが労働タイプと不労タイプの違いであり

僕がアフィリエイトを選択した最大の理由であり、

僕の求めた自由でもあります。

 

 

 

ただアフィリエイト自体が自由というわけではありません。

仕組みを作るから自由になれるというわけです。

 

いくら作業してもアフィリエイトで自由になれない人は

ここを勘違いしているということですね。

 

 

中には好きで労働タイプを選ぶ人もいますが。

そういう人は自動化も当然できます。

あえてやらないだけで。

 

 

ようは売れる仕組みが作れるかどうかです。

知っていてやらないのと

知らなくてできないのとでは大きな違いです。

 

 

まとめ

 

アフィリエイト自体は自由ではない

自動で売れる仕組みを作るから自由になれる

 

 

 

そういえばアフィリエイトの自動化を学べる教材の僕の特典が完成しました。

以下にリンクをはっておきます。

興味があればどうぞ

ディスカバリーアカデミー

 

 

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-アフィリエイト

Copyright© 中卒サラリーマンがアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.