会社で社畜になる 洗脳って怖いよね

更新日:

どうも中山です。

 

僕が以前勤めていた会社には絶対厳守の規則がありました。

それは、、、

 

 

「休日だろうと元旦だろうと出勤できる状態でいろ」

 

なにこれって感じですよね笑

そんな状態では旅行どころか、休日に遠出なんてできません。

 

元旦なのにお酒飲んでワイワイできません。

かと言って手当が出るかと言えばそうではない。

 

 

そんな意味不明な規則に縛られて仕事していました。

いつ電話がかかってくるかビクビクしながら休日を過ごしていたら、

落ち着いて休みなんて取れません。

 

 

 

会社に洗脳され社畜になる

 

 

会社最優先で考えろ。

 

これはつまり「奴隷」宣言されたというわけです。

何のために仕事しているのか、わからなくなりました。

 

 

でもみんな文句も言わず当たり前のように従っていたのですね。

 

 

まあ、僕は経営者でもないですから、何かできたわけではありません。

ただ黙って従うしかなかった。

 

 

会社を辞めたら収入がなくなりますからね。

家族を支える身としては仕方のない選択でした。

 

というよりも選択肢が一つしか存在しなかった。

『会社に雇われて社畜になる』

これだけしか選択肢がなかった。

 

 

僕達は生きているだけで税金が発生しますし、

生きるためにはお金は必要です。

 

だから奴隷だろうと何だろうと、

会社の指示に従い働き続けます。

 

気づいたときには膨大な時間が奪われています。

 

雇われている間は

毎朝眠い目を擦って仕事に行かなくてはなりません。

休日でも呼び出されたら出勤しなくてはなりません。

髪型や服装も決められています。

住む場所も選べません。

どんなに嫌な事があっても愛想を振りまく必要があります。

風邪だろうと熱だろうと無理矢理でも出勤しなくてはなりません。

休日は仕事のために早く寝ないといけません。

金銭的に豊かになれません。

 

そして解放されるのが

腰が曲がって、歩くことすら満足にできなくなった定年後です。

 

定年後にできることはたかが知れてます。

定年後では遅すぎる。

 

 

 

 

 

会社の洗脳から抜け出すには?

 

会社のために人生を捧げるのは正しい選択といえるのでしょうか?

「仕方ない、それが当たり前」と当然のように思う人と

「ふざけるな」と反論する人の二通りに別れると思います。

 

僕が働いていた会社の社長は、

「仕事に人生を捧げるのはカッコイイことだ!」と

本気で信じて、宗教のように周りに布教していました。

 

 

僕は後者です。

表向きは前者ですが。

 

会社に雇われていると

夢を諦めて、家族との時間を奪われ、

やりたいことができなくなり、旅行にすら行けない。

 

 

そんな奴隷みたいな人生を歩む勇気が僕にはありませんでした。

まあ、仕事が好きな人はこれでも楽しいでしょう。

 

ただ仕事を嫌々仕方なくしていて、

仕事よりもやりたい事がある人にとっては

かなり辛い選択です。

 

それこそ会社に人生を捧げるようなものですからね。

 

 

僕はそれが嫌でネットで稼ぐ道を選んだのですが、

気づいたら当時とは比べ物にならないくらい適当に過ごしています笑

 

適当に過ごすというのは、

つまりやりたい事だけするということです。

 

会社に雇われない生活は毎日フリーです。

休日も労働時間も自分の好きに決めることができます。

 

ましてや不労所得を作れば

週休7日とか月1時間労働とか。

 

基本的に不労所得を得ている人達は、遊びが優先の毎日を過ごしています。

しかも遊びにどこまでも本気で笑

 

自分中心の生活でね。

自己中ではありませんよ笑

 

 

「休日だろうと元旦だろうと出勤できる状態でいろ」という小さな組織の規則を

守っていても幸せにはなれないと実感しています。

 

洗脳は恐ろしい笑

 

 

 

残業が当たり前のように行なわれるのは、

ある意味洗脳に近い部分があります。

 

残業が当たり前という風潮をどうにかしてくれよ

 

まとめ

 

 

 

会社に全てを捧げるか

会社に頼らず個人で生きていくか

 

選択肢は2つ

どちらを選ぶかはあなたの目的次第。

その会社でやり遂げたいことがあるなら会社に勤めればいいし、

自由に生きたければ個人で生きていけばいい。

 

 

ただ自由に生きるということは、目的や目標を自由に決めることができる。

つまり会社に依存しなくても、あなたの目的や目標を達成することもできるということ。

 

 

会社以外の収入を不労所得で確保しつつ、1日のほとんどを目的や目標達成のために全力を注いだ方が圧倒的に早いと思います。

 

 

こちらの記事もおすすめです。

日本人の仕事はおかしい

 

 

これで終わります。

自由な人生を手に入れる方法を記した電子書籍を無料が読めます。

僕は元々どこにでもいるようなサラリーマンでしたが、今は好きなことをしながら家族と自由に過ごしています。
 
 
特別な才能があったわけでもなく、
貧乏な家庭で育ち、結婚後も貧しい生活をしていました。

仕事も上手くいかず失敗ばかりでした。

そんな僕でもビジネスに出会って真剣に取り組み始めてたところ、人生を変えることができました。
 

そしてビジネスを学んでみてわかったのが、人生を変えるのに運や才能は必要なく、
勉強と正しい努力をすれば
誰でも自由な人生を手に入れることができると確信しました。
 
 
そんな自由な人達が周りに増えていったら、人生がもっと楽しくなると思いませんか?
 
 
そういった思いから、元々貧乏サラリーマンだった僕が何をしてゼロから人生を変えたのか、その方法を電子書籍にまとめてみました。

20分程度で読める内容になっているので

もし興味があれば読んでみてください。
 
 

→電子書籍『自由な人生の設計図』を読んでみる

 
 
メールアドレスを入力すれば、受け取ることができます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
 
この記事が役に立ったと思ったらシェアして頂けると嬉しいです。

-労働とお金

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.