努力は報われないから疲れた 自己満足な努力の罠

更新日:

どうも中山です。

 

 

昔の僕は

『努力は報われる』

『努力したものが最後は勝つ』

 

と本気で信じていました。

 

そう会社を辞めると決断したあの時までは。

 

努力は報われないから疲れた

 

 

日本は小学校から努力は報われると教育を受けますね。

それもしつこいくらいに。

 

 

 

そしてその価値観は大人になっても根強いものです。

『だから会社に入って努力したものが出世する』

『努力すればなんでもできる』

と多くの人がが信じています。

 

僕もその中の人でした。

ただ努力はそこまで万能ではありません。

 

努力したからといって、完全無欠の完璧超人にはなれません。

 

まぁ小学生みたいな屁理屈ですが笑

 

僕も努力を否定しているわけではなく、

何のためにどういった未来のために努力しているのか?

その努力は確実に目標に近づいているのか?

 

この辺りをはっきりさせる必要があるということです。

要は努力の方向性です。

 

 

努力の方向性が重要な理由

 

例えば、

自由になるためにラーメン屋を始めました。

そのラーメン屋は毎日繁盛して、

行列のできるラーメンとして名を刻みました。

当然売り上げも目標額を超えています。

 

ただラーメンを作る人があなたしかいなかった場合はどうでしょう?

毎日忙しく働いて、休憩する暇すらない。

サービス業なので土日祝日は当然仕事。

 

 

これは自由という目標を達成しているでしょうか?

自由になったとは思えませんよね。

 

この場合の失敗は店を繁盛させることだけに努力をしたからです。

問題は自分を従業員の一人として加えてしまってる点です。

 

これが最初からラーメンを作れる人を増やすための努力をしていたら、

自分がいなくても店は回ります。

 

 

努力すれば必ず成功するとは限らない

 

努力した者が必ず成功するわけではない

 

これが嘘偽りのない真実です。

努力してみんな成功できるなら

世の中成功者だらけになって価値はなくなります。

 

だからこそ、成功者とは魅力的に見えるのです。

 

ただ努力したところで成功する保証がないから

何も行動しないのであれば成功することはありません。

 

成功が向こうからやってくるわけではありません。

 

 

成功者とは努力したものだけが手に入れることができる勲章

 

成功者というのは必ず努力をしています。

圧倒的な努力です。

 

おそらく、あなたが想像している数倍以上の努力を

なんの保証もない状態で繰り返して成功を手にしています。

 

つまり成功者になるためには、

保証のない未来にどれだけコミットできるかが重要です。

 

 

「普通の人ならそんなリスクが高い行動は取れない」

と行動を躊躇してしまいますが、

成功者はその真逆を進んでいきます。

 

よく言われる「成功したければ大衆と真逆の行動を取ればいい」

というのは正しいのです。

 

 

正しい方向で圧倒的な努力量

 

1 正しい場所

2 正しい方向

3 成功に足りるだけの努力量

 

この3つが揃って初めて成功することができます。

 

この中でも3番が足りていない場合が多い。

 

努力をしているつもりになって

実際は全然足りていなかったというパターンをよく目にします。

 

 

圧倒的な努力量というのは、

普通の人なら始める前から諦めてしまいそうなほどの努力です。

 

それは言い換えれば大衆とは真逆の行動です。

 

 

ここまで聞いて実は成功することは難しくないのでは?

と感じたかもしれません。

 

 

それは間違っていません。

 

 

成功するためには成功する確率が高い行動のみを取り続ければ

どんどん成功が近づいてくるのです。

 

 

今何かしら夢や目標がある場合は、

今回話した内容を実践してぜひ成功を掴んでみてください。

 

 

-労働とお金

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.