無料プレゼント企画


 

WordPressで目次を表示するプラグイン 「Table of Contents Plus」

投稿日:

 

 

Table of Contents Plusとは、

記事に目次を挿入するプラグインです。

 

記事の最初に目次を表示させることで、読者は記事の内容を知ることが出来るので

読みたい部分にすぐにたどり着けます。

一応SEO対策にもなるので導入しておきたいプラグインですね。

 

 

 

インストール

 

「新規追加」から「Table of Contents Plus」と入力し、

 

インストール、有効化をしてください。

 

有効化をしたら設定をしていきましょう。

 

設定方法

 

まず「設定」の「TOC+」を開きます。

以下の画面になります。

 

 

1 位置  目次を表示する位置

初期設定で記事上部に表示されるようになっているのでそのままにしておきましょう。

2 表示条件 見出しを表示するために必要な見出しの数をしていします

ここでは2つにしているのですが、これといった決まりがないのでお好みで設定してください。

3 コンテンツタイプ postを選択してください

postは通常の記事です。

固定ページに見出しを表味したい場合は「page」にチェックを入れましょう。

4 見出しテキスト 目次のタイトルです

ここは目次と入力してますが、お好みで構いません。

要は目次だとわかればいいです。

僕は、目次にしています。

 

他にもサイズやデザインなど変更できる部分はあるのですが

その辺はお好みで変更してもらって大丈夫です。

 

 

設定が完了したら、

記事を見てみましょう。

以下のように表示されていれば終了です。

 

 

目次が2つ以上でタイトルは目次で設定しました。

ここで見出しの付け方にも気をつけましょう。

 

ただ見出しをつけるのではなく、

「どんな順番で何が書いてあるのか」

ここを意識して見出しをつけると読者にとっても解りやすい目次が出来上がります。

 

たまに

1 始めます

2 次は文章について

3 終わります

 

こういった見出しの付け方をする人がいますが

止めたほうがいいです。

 

 

見出しは「何が書いてあるのか?」をはっきりさせる必要があります。

「始めます」と書かれていて何を?

と疑問に思います。

2も同様で文章の何について書かれているのかわかりません。

 

この場合は、

1 記事の書き方

2 わかりやすい文章とは?

3 まとめ

とするとわかりやすくなりますね。

 

 

極端な例ではありますが、

ネットサーフィンをしていると

たまに上の例と同じような目次を見かけることがあります。

 

これではすぐに閉じられれしまいます。

 

その記事を読むかどうか「3秒で判断されている」

と言われています。

ですが先程の例のような目次の場合、すぐに閉じられる可能性が高いです。

 

目次は記事上部に表示されるので特に気をつけるべき項目と言えるでしょう。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-操作解説

Copyright© 元社畜サラリーマンがアフィリエイトで家族と自由を目指す物語 , 2018 All Rights Reserved.