メルマガのタイトルはインパクト重視 開封率を圧倒的に上げる方法

更新日:

どうも中山です。

 

 

『メルマガ配信してもなかなか反応がない』

『何が原因なのかわからない』

 

そんな時は大体件名が原因です。

もしくは届いてないか。

 

まともな配信スタンドを使っているなら、

よっぽどのことがない限り届かないことはないので、

メルマガの件名に原因がありますね。

 

 

例えば、

メルマガ書き方に関する内容だった場合、

『メルマガの書き方』

『正しいメルマガの書き方』

 

このようなタイトルは逆に開封率を下げています。

 

あなたが読者だった場合、

上記のようなタイトルで読みたいと思いますか?

 

 

恐らくスルーか削除するでしょう。

 

なんせ上記のようなタイトルには魅力を感じないし、

しょぼく感じてしまいます。

 

では開封率を上げるためにはどのようなタイトルを付ければいいのか?

 

 

 

メルマガのタイトルはインパクト優先

 

ちょっと以下の例を見てください。

 

『メルマガは件名が大切です』

『メルマガは件名に力を入れると読まれるようになる』

『読まれるメルマガを書くための7つのテクニック』

 

 

さて、どの件名なら読みたいと思いますか?

まぁ聞くまでもないですね。

 

 

答えは3つ目。

 

ではなぜ3つ目に興味を惹かれたのか?

 

それはインパクトがある件名だからです。

メルマガの件名はブログの記事で言うところのタイトルですね。

 

ただブログ記事のタイトルはSEOキーワードを意識して書きますね。

でもメルマガにキーワードは必要ありません。

 

メルマガでSEOを意識しても検索できないので、意味ないですからね。

 

ということは、メルマガの件名は

いかに興味を惹くことができるかが勝負になります。

 

 

SEOを無視した興味を惹くためだけにタイトルをつけることができれば、

メルマガが読まれないという悩みはなくなります。

 

そして興味を惹くにはいくつかの要素があるのでご紹介しますね。

 

数字を入れる

 

まずは数字を入れる。

『たった3日で10万円を稼いだ方法を公開』

数字を入れるというのは、

ブログ記事のタイトルでもよく使われるテクニックです。

 

数字を入れることで具体的になります。

 

 

 

ギャップを意識する

 

ギャップを意識するというのは、

例えば、サラリーマンがターゲットの場合、

『1日8時間労働』

『朝の満員電車』

『週休2日』

このようなことが彼らの常識です。

 

そこで常識を覆すようなことが書かれていたら、

どうでしょう?

 

気になりますよね?

 

それこそがギャップであり、

インパクトある件名を付けるのに重要な要素になります。

 

ではいくつか例を挙げてみます。

『週休7日、毎日遊んで月収100万円』

『朝起きたら10万円も稼いでいた』

『メール1通書いたら100万円稼げた』

 

こんな感じです。

 

このギャップは僕もよく使うテクニックです。

そして効果もあります。

 

 

僕がギャップを用いて反応が高かったタイトルがこちら

 

『お金の為に行動したら嫌われた件について』

『遊んでる間にお金が稼げる』

『普通じゃないことは別に悪いことじゃない』

 

これらは一般的な常識では考えられないようなことをあえて件名にしました。

 

一般的な常識だと、お金の為に働くのは当たり前ですよね。

遊んでたらお金は稼げません。

普通じゃないことは悪いことです。

 

ですがあえて逆のことを書くことで、

常識とのギャップを作り出しています。

 

とはいえ、嘘はいけませんよ。

バレたら信用失いますし。

 

あとは、ギャップがありすぎるのも良くないですね。

 

例えば、歩いていたら道端で1億円拾ったみたいな。

 

ギャップが大きすぎで現実ではなくなってしまいます。

例えそれが事実だったとしても、逆効果です。

 

ギャップを作る際のコツは、

一般常識では真逆だけど、あり得なくはない程度のギャップを作ることです。

 

 

 

質問。

 

質問を投げかける事によって、

答えが知りたくなるという心理的なテクニックですね。

 

例えば、

『あなたは1年で月収100万を稼ぐことは、可能だと思いますか?』

『あなたは月収100万稼ぐことは難しいと思っていますか?』

『アフィリエイトは書籍だけで稼げる?』

『自分の人生は他人の人生?』

『趣味や遊びを仕事にすることは悪いこと?』

 

 

まず問いかけですが、

人は質問されると反射的に反応してしまいます。

 

例えば、クイズ番組を見ていると、

出演者達と一緒にクイズの答えを考えた経験はないですか?

 

おそらくほとんどの人があると思います。

 

このように問いかけには、反射的に反応してしまう傾向にあります。

 

 

 

 

メルマガの開封率を上げるタイトル付け

 

 

メルマガの開封率を上げるには、

読者の目を惹くようなタイトルを付けなければなりません。

 

 

例えば、

先程と同じく、

メルマガの書き方に関する内容だった場合、

 

『嫌でも強制的に読ませるメルマガの書き方』

『どんどん引き込まれるメルマガの書き方』

 

 

先程と比べてどうでしょう?

 

内容は同じなのにタイトルを変えただけで

随分と興味を惹くようなタイトルになったと思いませんか?

 

 

これはメルマガに限った話ではありませんが、

タイトルの役割は以下に読ませることができるか?

これが大切です。

 

 

読まれないタイトルは意味がないと思ってください。

 

ブログ、メルマガ、YouTube

どんなメディアでも人気のあるメディアは

タイトル付けが上手いです。

 

 

上手く読者の興味を惹いています。

 

 

では読者の興味を惹くタイトルとはどんなタイトルなのか?

 

読者の興味を惹くタイトルの要素

 

読者の興味を惹くタイトルにはいくつかの要素があります。

 

先程ご紹介したギャップ以外にも

緊急性

娯楽性

反社会性

など。

 

これらの要素を上手く取り入れることで

読者を強烈に惹きつけるタイトル付けができるようになります。

 

 

例えば、商品の売り方を説明するような記事の場合

『売らずに売る、勝手に売れる商品販売戦略』

 

これは売らずに売るという常識とのギャップを作り出して、

読者の興味を惹いています。

 

 

使い方に決まりはないので、いろいろなタイトルを試してみて、

反応があったタイトルを分析してみると

タイトル付けのスキルが身についていきます。

 

 

まとめ

 

 

 

他にもテクニックはたくさんありますが、

僕がよく使うものは、今回ご紹介した

数字

ギャップ

質問

この3つです。

 

ぜひ今回ご紹介したテクニックを明日から活かして、読まれるメルマガを配信していってください。

 

 

ではこれで終わります。

自由な人生を手に入れる方法を記した電子書籍を無料が読めます。

僕は元々どこにでもいるようなサラリーマンでしたが、今は好きなことをしながら家族と自由に過ごしています。
 
 
特別な才能があったわけでもなく、
貧乏な家庭で育ち、結婚後も貧しい生活をしていました。

仕事も上手くいかず失敗ばかりでした。

そんな僕でもビジネスに出会って真剣に取り組み始めてたところ、人生を変えることができました。
 

そしてビジネスを学んでみてわかったのが、人生を変えるのに運や才能は必要なく、
勉強と正しい努力をすれば
誰でも自由な人生を手に入れることができると確信しました。
 
 
そんな自由な人達が周りに増えていったら、人生がもっと楽しくなると思いませんか?
 
 
そういった思いから、元々貧乏サラリーマンだった僕が何をしてゼロから人生を変えたのか、その方法を電子書籍にまとめてみました。

20分程度で読める内容になっているので

もし興味があれば読んでみてください。
 
 

→電子書籍『自由な人生の設計図』を読んでみる

 
 
メールアドレスを入力すれば、受け取ることができます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
 
この記事が役に立ったと思ったらシェアして頂けると嬉しいです。

-メルマガ

Copyright© 中卒がアフィリエイトで脱サラして自由を目指す物語 , 2019 All Rights Reserved.