無料プレゼント企画


 

メルマガの開封率を上げる方法 コツを掴むだけでバンバン読まれる

更新日:

どうも中山です。

 

今回のテーマはメルマガの開封率。

初心者はもちろん月100万稼いでる人ですら、

頭を悩ませることがある深いテーマです。

 

 

そんなの初心者の自分にできるのか?

 

そんな質問をされそうですが、

コツさえ掴めば意外と簡単にできます。

 

そのコツを知ってるか知らないかで

今後のビジネスが大きく左右されます。

 

 

メルマガの開封率を上げる方法

 

まずメルマガの開封率を上げる方法として、

一番力を入れるべきポイントは何でしょうか?

 

 

 

答えは、件名です。

件名とは、ブログ記事で言う所のタイトルですね。

セールスレターやレビュー記事だとキャッチコピーとも言います。

 

この件名次第でそのメルマガが読まれるかどうかが判断されるめちゃくちゃ重要なポイントです。

 

 

ではどんな件名を書けば開封率が上がるのか?

 

メルマガの開封率が上がる件名のポイント

 

まず始めに僕のメルマガの中で開封率が良かった件名をいくつかご紹介します。

 

『アフィリエイトは書籍だけで稼げる?』

『お金の為に行動したら嫌われた件について』

『自分の人生は他人の人生?』

『趣味や遊びを仕事にすることは悪いこと?』

『遊んでる間にお金が稼げる』

『普通じゃないことは別に悪いことじゃない』

 

ひとまずこれくらいにしておきましょう。

 

これらの件名は2つに分けることができます。

問いかけ

ギャップ

この2つの件名が僕の読者には人気みたいですね。

 

ではこの2つの件名について解説していきます。

 

問いかけ

 

『アフィリエイトは書籍だけで稼げる?』

『自分の人生は他人の人生?』

『趣味や遊びを仕事にすることは悪いこと?』

 

 

まず問いかけですが、

人は質問されると反射的に反応してしまいます。

 

例えば、クイズ番組を見ていると、

出演者達と一緒にクイズの答えを考えた経験はないですか?

 

おそらくほとんどの人があると思います。

 

このように問いかけには、反射的に反応してしまう傾向にあります。

 

 

ギャップ

 

『お金の為に行動したら嫌われた件について』

『遊んでる間にお金が稼げる』

『普通じゃないことは別に悪いことじゃない』

 

これらは一般的な常識では考えられないようなことをあえて件名にしました。

 

一般的な常識だと、お金の為に働くのは当たり前ですよね。

遊んでたらお金は稼げません。

普通じゃないことは悪いことです。

 

ですがあえて逆のことを書くことで、

常識とのギャップを作り出しています。

 

とはいえ、嘘はいけませんよ。

バレたら信用失いますし。

 

あとは、ギャップがありすぎるのも良くないですね。

 

例えば、歩いていたら道端で1億円拾ったみたいな。

 

ギャップが大きすぎで現実ではなくなってしまいます。

例えそれが事実だったとしても、逆効果です。

 

ギャップを作る際のコツは、

一般常識では真逆だけど、あり得なくはない程度のギャップを作ることです。

 

 

まとめ

 

メルマガの開封率を上げる方法は件名に一工夫加えること。

ポイントとして問いかけとギャップをご紹介しました。

 

 

ですがこれらはあくまでも僕の読者のデータです。

あなたの読者は同じとは限りません。

 

まぁ問いかけとギャップはどんな読者層でも使えるテクニックですが。

 

やはりメルマガはクリック解析をしたり、アンケートを取ったりして、あなたの読者層に適したメルマガを書いていくのが一番です。

 

今回ご紹介したテクニックはもちろん使えます。

ですがあなたの読者のことをしっかり理解することであなたのファンはどんどん増えていきます。

 

ファンが増えれば、件名など関係なく

『あなたのメルマガだから読みたい』と思ってもらえるようになります。

 

ぜひこの段階を目指して欲しいですね。

 

ではこれで終わります。

 

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-メルマガ関連

Copyright© 中卒サラリーマンがアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.