人より劣っているって?それは別に悪いことじゃないよ

更新日:

どうも中山です。

 

最近ヤフー知恵袋やgooなどを閲覧していると

『自分は人より劣ってる』

『周りはあんなに稼いでるのに自分はこれだけ』

『仕事でミスばかりする』

 

こんな相談をよく目にします。

そこで今回は上記のような悩みに対する解決策と考え方についてお話します。

 

 

自分は人より劣っている それでいいじゃないか

 

 

 

あなたは人より劣っていると感じた経験はないですか?

仕事以外でも学校とか友達付き合いとか。

 

例えば、学年に一人はいるスポーツ万能でモテモテな子とかと自分を比べたりとか。

 

職場で何でもこなす完璧超人を羨ましいと思ったり。

 

 

いわゆる劣等感ってやつですね。

 

僕も昔はよく感じていましたし、

対抗しようと必死だった時期もありました。

 

今は気になりませんが。

 

では僕が劣等感をどうやって克服したのか?

 

こちらの記事も参考になります。

低学歴でも稼げる仕事はたくさんある

 

周りを気にしすぎている

 

まず劣等感を感じる原因として、

周りの目を気にしすぎています。

 

他にも明確な目標がないなどが挙げられます。

 

だから明確な目標を持っている人の事が眩しく見えますし、生き生きとして羨ましいと感じます。

 

だから自分と比べて劣等感を感じているのです。

 

だったら自分も明確な目標を持って、

自分の人生をもっと楽しい方向へ持っていけば

劣等感を感じることはなくなります。

 

というか、おそらく周りが気にならなくなってきます。

 

 

 

僕はネットビジネスの世界に入ってそれなりに長いですが、

僕より稼いでる人はたくさんいますし、

僕より早く稼げるようになる人だっています。

 

 

ですが全く気になりません。

そもそも名前すら覚えてないような状態です。

 

 

だって僕は自由という人生の目的を持って生きてます。

彼らを気にしたところで自由にはなれませんし、自分の人生が変わることもありません。

 

見るべきは自分です。

 

他人の人生と自分の人生を分ける考え方

 

本来、自分の人生は自分以外に決めることはできません。

例えそれが親兄弟であっても例外ではない。

 

 

ですが劣等感を抱いているということは、

他人の人生に自分の人生を重ねているのと同じです。

 

その場合、他人に自分の人生が左右されることになります。

 

 

劣等感を感じているから、何とか見返してやろうと頑張りますが、

それは劣等感を感じている相手が目指している人生のレールであり、

あなたの人生のレールではありません。

 

 

例えば、スポーツ。

サッカーに興味がないのに見返してやりたいからサッカーを頑張るとか。

 

仕事があまり好きではないのに、

見返してやりたいから頑張るとか。

 

 

これはあなたが本当にやりたかった事ではなく、他人のやりたかった事です。

 

 

自分の人生は自分以外が決めてはならない。

あなたの人生はあなたが決めるべき。

 

 

まとめ

 

あなたが何をどうしたいのか?

人生というレールの中で何を達成したいのか?

 

そこを明確にすれば『人より劣っている』などの劣等感を感じることはなくなります。

 

 

まぁ僕は人より劣っていてもいいと思ってますけどね。

だってそれはその人の個性だから。

 

他に真似できないあなただけの個性。

これが将来思わぬ形で人生を変えてくれることだってあります。

 

自分を信じて、自分だけの人生を突き進んでいってください。

 

ではこれで終わります。

 

自由な人生を手に入れる方法を記した電子書籍を無料が読めます。

僕は元々どこにでもいるようなサラリーマンでしたが、今は好きなことをしながら家族と自由に過ごしています。
 
 
特別な才能があったわけでもなく、
貧乏な家庭で育ち、結婚後も貧しい生活をしていました。

仕事も上手くいかず失敗ばかりでした。

そんな僕でもビジネスに出会って真剣に取り組み始めてたところ、人生を変えることができました。
 

そしてビジネスを学んでみてわかったのが、人生を変えるのに運や才能は必要なく、
勉強と正しい努力をすれば
誰でも自由な人生を手に入れることができると確信しました。
 
 
そんな自由な人達が周りに増えていったら、人生がもっと楽しくなると思いませんか?
 
 
そういった思いから、元々貧乏サラリーマンだった僕が何をしてゼロから人生を変えたのか、その方法を電子書籍にまとめてみました。

20分程度で読める内容になっているので

もし興味があれば読んでみてください。
 
 

→電子書籍『自由な人生の設計図』を読んでみる

 
 
メールアドレスを入力すれば、受け取ることができます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
 
この記事が役に立ったと思ったらシェアして頂けると嬉しいです。

-労働とお金

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.