量質転化の法則は成長するために必要な考え方

更新日:

どうも中山です。

 

あなたは量質転化の法則というものを聞いたことがあるでしょうか?

 

おそらくほとんどの人が一度は聞いたことがある言葉でしょう。

 

 

この量質転化の法則とは、

量をこなしていく内に質も上がっていくというもの。

 

今回はそんな量質転化の法則と成長に関してお話します。

 

 

量質転化の法則は成長に必要不可欠

 

あなたが何かしら新しいことを始めた際に、

最初は数をこなすことが重要になります。

 

例えば、ギター。

ギターを始めて1か月で弾けるようになる人もいれば、

半年くらい練習してやっと弾けるようになる人もいます。

 

 

これには多少のセンスも関係してきますが、

ほとんどが練習量の差です。

 

すぐに弾けるようになる人は1日3時間、4時間ほど練習します。

逆に半年以上かかる人は1日1時間以下の練習量です。

 

 

どれだけ丁寧にゆっくり練習しても、

最初のうちは数をこなした方が結果的に質も上がります。

 

 

勉強だと結果がわかりやすいですね。

例えば、大学受験を控えた学生。

毎日必死に勉強する人もいれば、

あまり勉強しない人もいる。

 

 

両者を比べた際にどちらがより高得点を取れるかは、誰でもわかりますよね?

 

 

これはビジネスでも同じことが言えます。

例えば、同じ時期に始めた人でもそこに差が生まれます。

 

 

早く稼げるようになる人もいれば、

なかなか稼げない人もいる。

 

 

いくら同じ時期に始めたとしても、

作業量によって成長スピードに大きな差が生まれます。

 

 

これは特に初心者の頃に実感しやすく、

より早く成長しやすい傾向にあります。

 

 

上級者になるにつれて、今度はより質の良いモノを求めるようになっていきます。

 

 

 

つまり初心者の頃は、

作業量を多くこなす方が結果が出やすいということですね。

 

 

 

ただ闇雲に進むだけではダメ

 

ただ初心者がよくハマる落とし穴で

方向性がズレるといったことがあります。

 

 

あまりにもがむしゃらに作業しすぎて、

自分の進むべき道がわからなくなっていきます。

 

 

僕も経験したことがありますが、

ハマるとなかなか抜け出せません。

 

場合によっては作業すら手に付かないような状況になってしまいます。

 

 

この落とし穴を防ぐには、

自分の進むべき目標、

自分の目指したい未来にたどり着いている人の真似をすることです。

 

その人の戦略や手法を真似してどんどん作業していくことで

最終的に自分の目指した未来が手に入ります。

 

 

くれぐれも道を見失わないように気をつけてください。

 

思いっきり自由に生きるために選択すべき道とは?

 

まとめ

 

量質転化の法則は成長するために必要。

まずは量をこなしていくうちにだんだん質も上がっていく。

 

 

特に初心者の場合は結果が現れやすい。

 

ただ道を見失わないように常に自分の目標を意識すること。

 

これで終わります。

自由な人生を手に入れる方法を記した電子書籍を無料が読めます。

僕は元々どこにでもいるようなサラリーマンでしたが、今は好きなことをしながら家族と自由に過ごしています。
 
 
特別な才能があったわけでもなく、
貧乏な家庭で育ち、結婚後も貧しい生活をしていました。

仕事も上手くいかず失敗ばかりでした。

そんな僕でもビジネスに出会って真剣に取り組み始めてたところ、人生を変えることができました。
 

そしてビジネスを学んでみてわかったのが、人生を変えるのに運や才能は必要なく、
勉強と正しい努力をすれば
誰でも自由な人生を手に入れることができると確信しました。
 
 
そんな自由な人達が周りに増えていったら、人生がもっと楽しくなると思いませんか?
 
 
そういった思いから、元々貧乏サラリーマンだった僕が何をしてゼロから人生を変えたのか、その方法を電子書籍にまとめてみました。

20分程度で読める内容になっているので

もし興味があれば読んでみてください。
 
 

→電子書籍『自由な人生の設計図』を読んでみる

 
 
メールアドレスを入力すれば、受け取ることができます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
 
この記事が役に立ったと思ったらシェアして頂けると嬉しいです。

-思考(マインド)

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.