アフィリエイトの記事が書けない時は思考を柔らかくしてみよう

更新日:

どうも中山です。

 

アフィリエイトで記事が書けないという悩みは、初心者にはありがちな悩みです。

 

 

それに『記事に悩まないようになる』

みたいなテーマの記事は少し検索すれば

いくらでもヒットします。

 

だからこの記事では『雑誌読め』とか

『他人のブログをリサーチしろ』とか

ありきたりな事は言いません。

 

 

もっと根本的なことについてお話していきます。

また後半では記事がスラスラ書ける型を紹介しています。

 

 

アフィリエイト記事が書けない場合は自分を見つめよう

 

 

『アフィリエイトで記事が書けない』なんて悩みは誰しもが経験する道です。

 

 

そして人それぞれ解決策を自分なりに見つけて『記事が書けない』という壁を越えていきます。

 

 

だけどいくら頑張っても解決策が見つからない人だっています。

 

 

これは仕方ないことで

アフィリエイト系の教材はある程度、

記事のネタ出しとかタイトルとか内容って決められています。

 

その小さな枠の中で記事を書こうとすれば

いつかネタ切れを起こします。

 

そしてネタ切れが続くと記事が書けなくなっていきます。

 

 

記事が書けないと悩む場合の多くは枠にハマりすぎていることです。

もちろんある程度の型とかは必要ですが、

いつまでもその中に居ては初心者から抜け出すことは出来ません。

 

 

例えば、アフィリエイトブログでゲームというテーマで運営する場合、

ゲームのことだけを永遠と書き続けることができるでしょうか?

 

 

ネタを出すためには、ゲームを買う必要があります。

しかも記事を書くたびに買う場合は、

ゲームを買うお金もたくさん必要です。

 

 

これ続くと思いますか?

 

どこかで挫折しますよ。

 

 

だってゲームに拘りすぎているから。

ゲームという枠の中だけで記事ネタを回すのは非常に大変です。

 

 

ではどうすればいいのか?

 

もっと自由に書いていいです

 

もっと自由に書いてもいいですよ。

一つの枠に縛られてビジネスするはデメリットでしかないです。

 

 

例えば、先程のゲームブログ。

ゲーム系でネタが切れたら、

あなたがゲームを好きになったきっかけを書いて、きっかけになったゲームを紹介する。

 

他にもゲームを作っている会社のことや

ゲーム好きな著名人を紹介したり。

 

枠に囚われなければ、ネタはいくらでも出てきます。

 

ネタが出てくれば、後はキーワード選定とかライティングを磨けば結果は出ます。

 

 

ネタ出しに時間をかけるくらいなら、

直接収益に関係するキーワードやライティングに時間を使った方がよっぽど効率が良いです。

 

 

後、記事ネタは最初に100記事分くらい用意しておくと後の作業が楽になりますよ。

 

こちらも参考になります

アフィリエイトで作業量を気にするのは無駄

 

 

アフィリエイト記事が書けない原因

 

記事が書けない原因は以下の通り。

 

・インプットが足りない

・キーワード選定をしていない

・ジャンルを絞りすぎている

 

 

インプットが足りない

 

記事を書くためにはある程度の知識が必要になります。

特に知識のないジャンルを選んでしまった場合は、

人一倍、インプットに力を入れる必要があります。

 

インプットの方法はいろいろあります。

書籍

Twitter

ブログ

YouTube

教材

など、学べる手段はいくらでもあるので

インプットする時間を確保しましょう。

 

どれだけ稼いでいる人でも

インプットは常にしています。

 

まだ成果が出ていないのであれば

尚更、インプットには時間を使うべきです。

 

キーワード選定をしていない

 

キーワード選定は記事を書く上で重要な作業です。

 

どんなキーワードを狙って記事を書いたかを

すぐに答えることができなければ

アフィリエイトで稼ぐことはできません。

 

またキーワード選定を行えば

そのキーワードに沿った記事を書けばいいだけなので

記事が書けないとなることはありません。

 

 

ブログのジャンルに関連するキーワードを一覧にして

上から順番に記事を書いていくだけです。

 

これだけでも100記事以上はネタが見つかります。

 

なので、まずはキーワード選定から取り組んでみるのも

おすすめです。

 

詳しいキーワード選定の方法はこちら

アフィリエイトで稼げるキーワード選定【実はもう決まっている】

【アフィリエイト】ずらしキーワード選定の方法

 

 

ジャンルを絞りすぎている

 

 

たまにジャンルを思いっきり絞ってしまう人がいますが、

これは自ら選択肢を狭めているのと同じです。

 

例えば、21歳の男性向けガジェット

男性向けのガジェットならまだわかりますが、

21歳と限定してしまうと

それだけで選択肢が一気に狭まってしまいます。

 

基本的にビジネスの構造は

入り口は広く、奥に進むにつれて

狭めていくイメージなので

これでは入り口が狭すぎて人が集まってきません。

 

それに限定的すぎてもネタに詰まってしまいます。

 

なので、最低で1つのジャンルで

年齢層は10代、20代のように10単位で絞っていくのがおすすめです。

 

 

記事の型を覚える

 

記事の型を覚えることで

今まで書けなかった記事がスラスラ書けるようになります。

 

記事の型

1 主張

2 理由

3 具体例

 

 

主張

 

主張というのは、

その記事で一番伝えたいことです。

 

例えば、アフィリエイト初心者向けに文章の書き方を解説する記事なら

文章の書き方が主張になります。

 

理由

 

主張が記事の書き方であれば

なぜその記事の書き方が良いのか

その理由を論理的に解説します。

 

例えば、

この記事の型を使えば

論理的にわかりやすく書くことができます。

具体例

 

具体例では、

記事の型を使った具体的な例を出します。

紹介した記事の型を使った記事のリンクを貼ったり、

具体的な例文を書くなど。

 

例えば、

主張

スラスラ書ける記事の型

1 主張 2 理由 3 具体例

 

理由

この型を使えば論理的にわかりやすく書くことができます。

 

具体例

記事の型を使った記事

〜リンク〜

 

 

ボリュームの多い記事の型

主張、理由、具体例を繰り返すことで

ボリュームの多い記事も難なく書けるようになります。

 

主張1 記事の型

理由2 この型は〜

具体例 型を使った例文

主張2 記事を書く際は読者を意識しよう

理由 読者を意識することで〜

具体例 記事の冒頭で想定読者を〜

 

このように主張、理由、具体例を繰り返すことで

2000文字〜3000文字の記事でもスラスラ書けるようになります。

 

また収益に特化した記事の書き方も別記事で解説してますので、

時間がある時に目を通しておいてください。

 

アフィリエイト記事の書き方をブログ特化で解説

 

まとめ

 

記事ネタがないと悩む場合は枠にハマりすぎている。

もっと自由に思考を柔らかくして広く見ればネタに困ることはない。

 

自分の事やテーマとは関係なさそうだけど、

関係させたり、やり方はたくさんある。

 

枠から飛び出し、自由な発想が出来れば記事に関しては、初心者を卒業したも同然。

 

 

枠から一歩を踏み出すと少し違った世界が見えてきます。

 

ではこれで終わります。

-アフィリエイト

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.