自分の人生の主役になることが大切です

更新日:

どうも中山です。

 

あなたは自分の人生を自分で決めていますか?

 

それとも親、学校、会社に決められていますか?

 

これは学生の頃は良くある話ですが、

自分が進みたい道を否定されて親や先生が決めた進路に進まされるパターンです。

 

 

サラリーマンの場合は、会社に目指すべき道を指定されたり。

 

だけど何処かで納得していない自分がいるのではないでしょうか?

他人に強制された道を進み、他人の思うような人生を生きていく。

 

これはもはや自分の人生=他人の人生ということです。

 

 

それで満足できないのは当然でしょう。

自分はやりたいことを我慢している状態ですからね。

 

 

そこで今回は自分の人生というものについてお話します。

 

自分の人生の主役になる

 

自分の人生の主役は基本的に自分です。

 

これは誰しもが当たり前に思っていることでありながら、

当たり前のように他人の人生を歩んでいる。

 

 

日本人は謙虚で周りに合わせようとします。

 

そして自分の意思を抑え込み、

他人の機嫌をとる。

 

 

それは一見、良いことのように思えますが、

ほんとにそれでいいのでしょうか?

 

 

これは僕の知り合いの話です。

彼女は将来音楽家になりたいという夢を持っていました。

 

ですが親は医者で自分の子供も同じような道を進ませようと、

薬剤師を目指すように言われます。

 

そして彼女は薬剤師を目指すために大学へ通い、見事に合格しました。

 

 

ですが彼女は薬剤師の資格を取得しただけで、

薬剤師にはなりませんでした。

 

 

彼女は音楽家という夢を諦めきれなかった。

 

当然親には叱られたでしょう。

だけど彼女は学生の頃とは違い、今は成人しています。

 

 

そして家を飛び出し、バイトをしながら

大好きな音楽の道を進み始めました。

 

 

当然周りの反応は

『バカだな』

『夢を追うから負け組になったんだ』

 

このような反応です。

 

だけど僕はやりたいことを我慢してそこそこの給料を稼ぐような人生よりも

彼女のように自分に素直に毎日楽しく生きる方がよほど勝ち組に思えます。

 

 

彼女は現在も音楽家にはなれていませんが、

薬剤師を目指していた頃よりも生き生きしています。

 

 

この話を聞いてどう思いましたか?

 

 

彼女の周りのようにバカだなと笑いますか?

 

それとも彼女のように幸せな毎日を送りたいと思いましたか?

 

 

少なくとも僕は他人の人生を歩むのは嫌ですし、

自分の人生の主役は自分だと思っています。

 

彼女は自分の人生の主役を実現したいい例です。

 

 

もしあなたが自分の人生の主役になりたいと思うなら、

自分の気持ちに素直になってみることをお勧めします。

 

 

どうすれば良いのか?

答えはあなたの中にあります。

 

本当にやりたかったこと、

諦めていた夢

 

今からでも遅くはありません。

 

少し考えてみてください。

 

 

 

これで終わります。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-思考・戦略

Copyright© 中卒サラリーマンがアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.