朝起きるのが辛すぎる人へ 目覚めを快適にする方法を伝授

更新日:

どうも中山です。

 

今回は、朝起きるのが辛すぎるあなたに

僕がこれまで実践してきた

朝快適に目覚める方法をご紹介します。

 

 

この記事を読めば、あなたも明日から快適に朝を迎えることができるようになります。

 

 

 

朝起きるのが辛すぎる時に効果的なテクニック

 

朝起きるのは、辛いですよね。

 

僕も前の仕事で朝5時起きでした。

毎日朝が来ると重たい体を無理矢理、

起こして職場に向かう毎日。

 

 

そんな日々に嫌気が指して、

どうにか朝起きるのが楽になる方法は、ないかといろいろ実践しました。

 

その中でも効果があったのが、

1 起きる時間から逆算して9時間前までに布団に入る

2 寝る前に目を温める

3 気持ち早めに起きる

 

 

それでは一つづつ解説していきます。

 

 

起きる時間から逆算して9時間前までに布団に入る

 

これは僕が最初に実践した方法で、

仕事から帰るのが大体18時過ぎだったので、

帰ってすぐに子供達とお風呂に入り、

夕飯を食べて、

少しゆっくりすると

20時を回った辺りでした。

 

 

5時起きなので21時までに布団に入ると

丁度良い時間です。

 

まぁ5時起きの仕事は珍しいので、

大体の人は、6時か7時起きなのでもう少し余裕がありますね。

 

 

起きる9時間前まで布団に入るのを実践してから、

だんだん朝が楽に目覚めることが出来るようになりました。

 

寝る時間を一定に保つことで乱れた生活習慣を整えています。

 

 

この手法は、あなたにも是非試してもらいたいですね。

最初の1週間でも目覚めが良くなっていくのが、体感できます。

 

寝る前に目を温める

 

寝る前に目を温めると寝つきが良くなります。

 

目は疲れすぎると逆に寝れなくなるので、

目を温めることで、ある程度の疲れを取ってあげるとよく寝れるようになります。

 

 

特にパソコンなどを扱う仕事の人にはかなり効果的な手法です。

 

僕もよくパソコンを使うので、

今でも目を温めて、疲れを取っています。

 

 

気持ち早めに起きる

 

この手法は、十分な睡眠が取れている前提です。

 

睡眠が6時間しかないのに、

早めに起きたらぶっ倒れてしまうかもしれないので、やめて下さい笑

 

 

この気持ち早めに起きるのは、

僕が朝活を始めた頃に実践し始めた手法で、

朝1時間ほど作業して会社に出勤していました。

 

 

一見、キツそうに見えるのですが

やってみると意外にも快適な朝を迎えることができました。

 

僕も最初は半信半疑でした。

 

でも朝活を始めてから

朝起きるのが楽しみになっていき、

気づいたら朝が好きになってました。

 

 

朝が好きになれば朝起きるのも辛くないですよね。

 

朝活は、人生を変えます。

 

そう断言できるくらい180度変わっていきました。

 

当時は、会社員と副業の掛け持ちだったので

仕事は苦じゃなくなるし、

副業の作業はどんどん進んでいく。

 

 

今回ご紹介した中でも気持ち早めに起きるのが一番効果的でした。

 

もし余裕があれば、

あなたも朝活を始めてみてください。

 

内容は何でもいいです。

 

とにかく朝活動することが大切です。

 

 

まとめ

 

以上が朝起きるのが辛すぎる時に効果的なテクニックでした。

 

1 起きる時間から逆算して9時間前までに布団に入る

2 寝る前に目を温める

3 気持ち早めに起きる

 

どれか一つでも実践してみてください。

実践するだけで朝起きるのが楽になります。

 

 

この中で僕のおススメは、3です。

 

人生が楽しくなって、朝起きるのも辛くなくなるなら最高じゃないですか?

 

 

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-日常, 思考・戦略

Copyright© 中卒サラリーマンがアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.