オタク文化の経済効果について実際に調べてみた

更新日:

オタクが経済を回しているって聞くけど

本当なの?

オタク文化ってそんなに経済効果があるの?

実際にどれくらい影響力があるのか知りたい。

 

このような疑問に答えます。

 

 

オタク文化の経済効果は、よく知恵袋などで議論になったりしてますからね。

現役オタクでもある僕もこの辺りは気になってました。

なので、オタクが経済にどれほど影響しているのか詳しく調べてまとめてみました。

 

 

 

オタク文化の経済効果について

 

 

オタク文化といえば、

アニメやゲーム、漫画、ラノベ、アイドルですね。

 

アニメは社会現象レベルまで人気が出たりもするので、それなりに効果はあります。

 

アニメの経済効果

 

アニメといえば、

最近だとラブライブや鬼滅の刃が凄まじいですね。

ラブライブ関連グッズは500億超えてます。

 

正直アニメ自体にそこまで経済効果はありません。

ただ何かしらアニメの影響でブームを巻き起こしたりしています。

例えば、ゆるキャン。

これはキャンプをする女子高生を題材にしたアニメですが、

このアニメの影響でキャンプに挑戦する人が増加したのも事実です。

 

 

一昔前だとけいおんが音楽ブームを巻き起こしていましたね。

 

また人気アニメのグッズ関連はそこそこ効果があります。

CDやフィギュア、タオルやうちわなど。

 

 

このようなグッズをコンプする人も少なくありません。

 

僕も好きなゲーム会社のグッズは、全て持ってます笑

 

コミックマーケットの経済効果

オタクの一大イベントである

コミックマーケット。

年二回、3日間ずつ行われ、50万人が来客。

参加サークルは11000。

一回の経済効果は180億だと言われていましす。

 

中にはコミケで10万円を消費する人もいます。

また海外からも人気があるため、

コミケのためにわざわざ日本に来る外国人もいます。

 

特に最近はコスプレが日の目を浴びているので、自分の好きなキャラクターのコスプレをしたり、

プロのコスプレイヤーが写真やグッズを売ってお金を稼いだりしています。

 

 

 

 

 

聖地巡礼

 

聖地巡礼とは、

アニメなどの舞台となった場所に実際に訪れること。

訪日外国人の6%(81万)が聖地巡礼が目的で日本に来ています。

 

ちなみに僕も聖地巡礼によく行きます。

 

 

とはいえ、正直、自動車産業などと比べると大したことはありません。

 

ではゲームだったらどうでしょう?

 

ソーシャルゲーム

 

ソーシャルゲームとは、

スマホのアプリゲームです。

 

ソシャゲ市場はなんと1兆超えてます。

 

これはいわゆる課金で、

強いアイテムやゲームを有利に進めるために

課金をしてアイテムを購入します。

 

 

僕もかれこれ数百万単位で課金してます笑

 

 

 

このソーシャルゲーム市場は今どんどん伸びてます。

おそらくまだまだ伸びていくでしょう。

課金が多いゲームとして、

日本の代表格

世界1位のモンスターストライク

2位はFate/Grand Order

 

この辺りは、僕もプレイしています。

 

またゲーム産業は2020年から一気に伸びていくことが予想できます。

今年から5GがスタートするのでVR、AR市場が拡大していきます。

そのため、VRを導入いるゲームはますます伸びていきますし、

eスポーツも話題になっています。

 

 

まとめ

 

結論から言うと

日本のオタク文化に経済効果はそこまでないということ。

 

日本経済の1%や2%くらいはあるので、

少なくはないですね。

 

 

ただソーシャルゲーム市場は、

別格でこれからどんどん伸びていくでしょう。

 

これからどのように成長するか楽しみですね。

 

 

たまにオタクが経済を回しているなどと

議論していることがあるのですが、

そんなことはどうでもいいし、

 

オタクは気持ち悪い

ああはなりたくない

などと嫌われがちですが、

そんなことは気にぜずオタク生活を楽しんでいきましょう。

オタクは気持ち悪いとか言われるからカッコよくなる方法を考えた

 

 

-労働とお金

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.