オタク文化の経済効果について

更新日:

どうも中山です。

 

 

今回はオタク文化がどの程度、

経済効果を発揮しているかをお話します。

 

よく知恵袋などで議論になったりしてますからね。

 

現役オタクである僕もこの辺りは気になってました。

 

それでは始めていきましょう。

 

 

オタク文化の経済効果について

 

 

オタク文化といえば、

アニメやゲーム、漫画、ラノベなどですね。

 

アニメは社会現象レベルまで人気が出たりもするので

それなりに効果はあります。

 

アニメの経済効果

 

アニメといえば、

最近だとラブライブが凄まじいですね。

ラブライブ関連グッズは500億超えてます。

 

正直アニメ自体にそこまで経済効果はありません。

 

 

人気アニメのグッズ関連はそこそこ効果があります。

CDやフィギュア、

タオルやうちわなど。

 

 

このようなグッズをコンプする人も少なくありません。

 

僕も好きなゲーム会社のグッズは、全て持ってます笑

 

コミックマーケットの経済効果

オタクの一大イベントである

コミックマーケット。

年二回、3日間ずつ行われ、50万人が来客。

参加サークルは11000。

 

一回の経済効果は180億だと言われていましす。

 

 

 

 

 

聖地巡礼

 

聖地巡礼とは、

アニメなどの舞台となった場所に実際に訪れること。

訪日外国人の6%(81万)が聖地巡礼が目的で日本に来ています。

 

ちなみに僕も聖地巡礼によく行きます。

 

 

とはいえ、正直、自動車産業などと比べると大したことはありません。

 

ではゲームだったらどうでしょう?

 

ソーシャルゲーム

 

ソーシャルゲームとは、

スマホのアプリゲームです。

 

ソシャゲ市場はなんと1兆超えてます。

 

これはいわゆる課金で、

強いアイテムやゲームを有利に進めるために

課金をしてアイテムを購入します。

 

 

僕もかれこれ数百万単位で課金してます笑

 

 

 

このソーシャルゲーム市場は今どんどん伸びてます。

おそらくまだまだ伸びていくでしょう。

課金が多いゲームとして、

日本の代表格

世界1位のモンスターストライク

2位はFate/Grand Order

 

この辺りは、僕もプレイしています。

 

 

まとめ

 

結論から言うと

日本のオタク文化に経済効果はそこまでないということ。

 

日本経済の1%や2%くらいはあるので、

少なくはないですね。

 

 

ただソーシャルゲーム市場は、

別格でこれからどんどん伸びていくでしょう。

 

これからどのように成長するか楽しみですね。

 

 

たまにオタクが経済を回しているなどと

議論していることがあるのですが、

そんなことはどうでもいいし、

 

オタクは気持ち悪い

ああはなりたくない

などと嫌われがちですが、

そんなことは気にぜずオタク生活を楽しんでいきましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-ゲーム、アニメ、イラスト、音楽, 労働とお金

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.