ボカロを批判されたので全力で好きな理由を語ってみた

更新日:

どうも中山です。

 

今回はボカロを批判されたので

僕がボカロを好きな理由を全力で

語ってみるという完全に趣味のお話です。

 

 

ボカロ批判されるのは嫌です

 

ボカロ批判されるのが嫌な理由は、

単純にボカロが好きだからですね。

 

普通に考えて自分が好きなモノを批判されたら

いい気はしませんよね。

 

 

まぁ批判する人にいちいち突っかかることもないですし、

特に言いたいこともないですけど。

 

 

僕は基本的に自分の好きな人以外は

付き合わない主義ですからね。

 

そもそもなぜボカロが批判されるか?

理由は以下のことが挙げられます。

 

・機械的な声が嫌い

・オタクが好むから

・アニメチックなキャラが嫌い

 

それぞれ解説していきます。

 

機械的な声が嫌い

 

機械的な声が嫌いという理由はわからなくもないです。

これはボカロに限った話ではありませんが、

人には好みの声質があります。

 

そのため、嫌いな人も居て当然だと思います。

なので、この場合は仕方ないことで

対処法がありません。

 

そのため、『そういう人も居るよな』と割り切っておけば気になりません。

 

 

オタクが好むから

 

これはオタクという人達を嫌悪するあまり、

オタクが好む=悪

みたいな構図が出来上がっています。

 

なので、こういう人はオタクと聞いた瞬間に冷たく下に見るようなタイプです。

 

メディアでもオタクは悪みたいな風潮がありますし、

世間的にはどう頑張っても認められないのかもしれません。

 

とはいえ、最近はオタクもかなりオープンな感じになりましたし、

前に比べると生きやすい世の中になったかなと思っております。

 

ただやはりSNSなどでオタクに攻撃する人は居ますし、

僕もゲーム系のネタをツイートしたときには、『ゲームは悪だ』みたいなリプがくることもあります。

 

これは人として問題がありますし、

人を批判するのは社会問題にもなっているので、これから各メディアが対策をしていく方向です。

 

とはいえ、人の気持ちはそう簡単には変わらないので、しばらくは批判してくる人もいるでしょう。

 

 

アニメチックなキャラが嫌い

 

ボカロは声質毎にキャラクターが存在します。

初音ミクや鏡音レン、リン、GUMIなど、

ボカロによってキャラクターが違います。

 

そしてボカロは基本的にアニメチックな感じに仕上がっているので、

そういう絵が嫌いな人からしたら、

あまり好きにはなれないかもしれません。

 

ここでもオタク批判のような感じでアニメは悪みたいな価値観の人もいるでしょう。

 

とはいえ、最近ではかなり認知度も上がってきましたし、

ボカロから成功したアーティストも増えているので、昔に比べると批判も少なくなりました。

 

 

僕がボカロ好きな理由

 

僕がボカロを好きになったのは、

17歳の頃なので

確か初音ミクが誕生して

1、2年くらいでした。

 

あの頃は、

ボカロ色全開の曲が流行っていて

確か、初音ミクの消失とか

just be friendsとか流行ってました。

 

僕は聞いた瞬間にボカロの世界観に惹かれていって

『こんな独自性のある世界観を持ちたい』

と強く思ったのがきっかけでした。

 

 

それからカゲロウプロジェクトとか

千本桜とか流行りだして

どんどん有名になっていきましたね。

 

 

まぁボカロだけで生活できる人は

一部ですが。

 

 

最近の曲だとテトとか

チュルリラチュルリラダッダッダが好きですね。

 

 

ボカロは個人の価値を高める

 

ボカロはネットを通じて

今まで才能を活かす場が無かった個人が

気兼ねなく才能を発揮できるツールでもあります。

 

 

ひっそりと音楽をやっていた人が

ネットを使って有名になる話は珍しくありません。

 

かの有名な米津玄師さんも

ボカロPからのし上がった人の1人です。

 

 

 

 

 

悲しいことに

最近は動画のクオリティなどが

求められてハードルが上がり

衰退気味ですが

もっとボカロPも増えていって欲しいですね。

 

 

 

ボカロ批判の対処法

 

これはボカロに限った話ではないのですが、

ツイッターとかで

よくDM(ダイレクトメッセージ)で

 

『アニメ好き キモッ』

『オタクとか関わらないでください』

『ボカロ好きとか気持ち悪い』

 

とか送られてくるという話を聞きます。

 

こういった時の対処法は簡単で

一切関わらないようにするだけ。

 

ツイッターならブロックできますよね。

リアルなら友達辞めたりとか。

 

くれぐれも反論はしないのが一番です。

 

ここで反論すると批判された相手と

同じレベルだと言うことです。

 

僕もネットビジネスやっているので

よく周りから批判されたりします。

 

そんな時は適当に流して

心の中では

『世の中を何も知らないんだな 可哀想な人』と思っています。

 

アニメやボカロ批判されたら

『こんな楽しいことを知らないとか可哀想な人』と心の中で思って

一切関わらないようにすればいいのです。

 

 

わざわざ人の趣味を批判しに行くような人は

まともではありません。

 

相手をするのは時間の無駄です。

 

 

アニメやボカロが嫌いな人でも

まともな人ならわざわざ本人に

直接伝えるような事はしません。

 

 

そんな時間があるなら

もっと自分の趣味を楽しんだ方が有意義です。

 

 

では。

 

 

-音楽

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.