夏色の君へ(にいち)レビュー いつかまためぐり逢うストーリー

更新日:

どうも中山です。

 

今回は夏色の君へという漫画レビューをしていきます。

以前にご紹介した少女アラカルトは2冊まとめて紹介していたので

今回は「夏色の君へ」という作品に絞ってご紹介していきます。

 

前作の彼女の季節はこちら

彼女の季節(にいち)レビュー 息が詰まるほどの胸キュンストーリー

 

 

夏色の君へ(にいち)概要

 

「夏色の君へ」イラストレーターで木漏れ陽ぱれっとの「にいち」による作品集で

前作大ヒットした「彼女の季節」の第2弾です。

前作に引き続き心温まる胸キュンストーリーとなっています。

 

前作から2年間の歳月を経て、

更にパワーアップした恋物語がまとめられています。

 

目次

プロローグ
1. 75cm、君に溺れる
2.脳内がうるさい系女子と初めてのお泊り
3.寿司に釣られかける系彼女
4.難関クエスト『年上彼女』
5.厳しい女上司さんが家ではポンコツかわいい話
6.厳しい女上司さんが職場でもたまにポンコツになる話
7.両想いへの近道
8.君に見せたい私
9.花咲く日を待つ。
10.10年を解く日に
11.石畳とひまわり
12.パーカーおじさんと女の子
13.さいしょからはじめる
14.夜型彼氏と朝型彼女
15.冷やかしパーティライフ
16.風邪をひいて彼氏の女子力を知る話
17.四年目記念日
18.君のための、私の時間。
19.太陽に髪が透けるたび
エピローグ「夏色の君へ」
イラストギャラリー

 

前作の彼女の季節からかなり話数も追加されて、パワーアップしており、読み応えのある一冊に仕上がっています。

 

夏色の君へを読んだ感想

 

夏色の君へには、ツイッターでめちゃくちゃリツイートされた

「石畳とひまわり」が収録されているということでテンション上がりまくりで買いに行きました。

 

「ページをめくるたびに、頬のゆるみを止められない」

と書かれている通り、

終始に頬がゆるみまくりです。

 

周りからみたらキモいんですけど笑

 

でも止められない。

それがこの漫画の魅力です。

 

この漫画で特に好きな物語は

やっぱり「石畳とひまわり」

ですかね。

 

過去に亡くなった幼馴染の墓参りに行き、、、。

 

あまり話すぎるとネタバレ感強くなるので

黙っておきましょう。

 

 

まあこの話はツイッターとかでも読めますけど。

 

 

それよりもこの話の続きを読めるというのが

この漫画を買うべき理由になります。

 

 

それと読んでいて感じたことなのですが

今回は前回の話に比べてメッセージ性が強く

にいち氏が伝えたい事がしっかりと伝わってきました。

 

 

 

他にも「太陽に髪が透けるたびに」

という物語も好きですね。

地毛が金髪で不便していた少女に、、、。

 

とネタバレは避けますが

こんな男の子になれたらカッコいいなと

思います。

 

僕はあまりカッコいい人間ではなかったので、こういう生き方には憧れます。

 

そしてもちろん、前回から引き続き胸キュンストーリーは数多く収録されています。

男の僕が読んでもすんなり受け入れられるほど、ソフトな内容ですし、

男女問わずおすすめできます。

 

 

さらにすべての恋物語がつながる書き下ろしストーリーも収録されているので、

ネットだけでは読めない話もあります。

 

実はにいち氏の作品はネットでほとんど読めてしまいます。

にいち氏自身がpixivやTwitterなどで公開しています。

ですが、ファンとしては書籍としていつでも読める状態で持っておきたいです。

 

 

そしてネットでは読めない巻末に収録されているイラスト集やにいちさんの追伸みたいなモノが非常に良かった。

イラスト集は前作でもかなり好評でしたので、引き続き採用という形でしょう。

 

夏色の君へを購入したら追伸は必読と言えるくらい良いものに仕上がっています。

にいち氏の作品に込めた思いや過去の経験を少しだけ書かれています。

 

君色の夏へがおすすめなポイント

 

 

今回の作品も前作「彼女の季節」と同じで

可愛いイラストの女の子達がたくさん出てきます。

 

そして毎回恒例のページ終盤でイラスト集が公開されているのも見どころですね。

 

今回は

感動したい

自分の人生に悩んでいる

行き詰まっている

 

このように思っている場合は、心からおすすめします。

 

今作は自身の成長と

人生を深く考えさせられる作品になっていて

「もう一度頑張ってみよう」

と思わせてくれるようになっています。

 

 

今作はただ読むだけじゃなく

これから長い人生を生きていく中で

僕らはどのような人生を歩めばいいのか?

どんな生き方ができるのか?

 

そんなことを考えながら読むことができる深い作品です。

 

僕自身が人生に迷っていた時期があり、

そんな時にこの作品を手にしたので、

本当に救われました。

 

作品を通して、生き方や人生の目的などを再確認することができましたし、

道筋を決める決断をすることができました。

 

僕自身が救われた経験から、この作品がもっと広まって救われる人を増やしたいという想いでこの記事を書いています。

 

ということで

人生に悩んでいる

可愛いイラストが見たい

感動したい

と思っている場合は

「夏色の君へ」をおすすめします。

 

 

 

-イラスト

Copyright© ケンボーの趣味ログ , 2020 All Rights Reserved.