ゲームが何も残らないという考えは間違い

更新日:

どうも中山です。

 

今回は過去から現在まで

ゲーム好きなら

一度は言われたことがある言葉

『ゲームは何も残らない』に対して

現役でゲーム好きな僕の考えと意見を書いていきます。

 

 

ゲームは何も残らないと言われるのは価値観の違いから

 

そもそもゲームだろうと何だろうと

自分が興味のないモノは

ほとんど人が時間の無駄だと思っている。

 

例えば、

ゲーム好きからしたら、

スポーツは時間の無駄だと感じるかもしれない。

 

逆にスポーツに力を入れている人は

ゲームは時間の無駄だと感じるかもしれない。

 

だけど、どちらも本気でするなら

プロを目指すことができますよね。

 

 

だからその人の価値観によって

意見は大きく変わってきます。

 

 

ここで少し僕の価値観について話していきます。

 

ゲームに対する価値観

 

僕のゲームに対する価値観は

学びの場です。

 

ゲームは基本的に非現実的な体験を楽しむような作品が多いです。

 

そのような体験を擬似的にすることで

新しいアイデアが生まれたり、

文章の幅が広がったりしています。

 

 

特にストーリーの勉強にうってつけだと思っています。

ゲームって主人公を操作するのが基本なので

自分が主人公になりきることができます。

 

そして様々な冒険を経て成長していく感覚を味わえる。

 

しかもこの感覚を持っているだけで

自分も成長したような感覚になるのです。

 

ここが重要なポイントで

擬似的にも成長する感覚を掴めたら

自分の行動も変わってくるのです。

 

これが僕のゲームに対する価値観です。

 

 

 

ゲームに対するそれぞれの価値観

 

僕はビジネスやストーリーという視点を持っているから

学びの場として捉えていますが

普通なら単純に楽しいから、好きだからプレイしているのが大半だと思います。

 

ただそれだけだと

ゲームは何も残らないと言われても

反論する言葉が見つかりません。

 

だから自分なりの楽しみ方や価値観を持って

プレイするのが大切になってきます。

 

ここまでゲームについて話してきましたが、

こんなにゲームについて熱く語ったのは初めてです笑

 

 

読んでいて

『何言ってるんだろう?』

 

と理解できない部分もあるかもしれませんが

これはあくまでも僕の価値観であって、

あなたにはあなたの価値観がありますので

気にしないでください笑

 

 

 

 

ちなみに僕はゲームをプレイしながら

以下のようなことを考えています。

 

なぜこのストーリーは面白いのか?

主人公はどんな気持ちでこの世界に居るのか?

どんな価値観を持っているのか?

 

などなど。

 

これらを考えながらプレイすると

面白さが上がります。

 

 

これは視点や価値観の違いで

単純にゲームを楽しみたい人もいれば

いろいろ考えながらプレイしたい人もいる。

 

 

楽しみ方は人それぞれです。

 

だからゲームは何も残らない

という意見はその人の価値観であり、

僕らには関係のないことなのです。

 

だから周りを気にせず楽しもう。

 

あなただけのゲーマーライフを満喫してください。

 

 

 

-ゲーム

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.