焼肉屋で3年間アルバイトを経験した感想

投稿日:

どうも中山です。

 

僕は中学を卒業してすぐ16歳になったので

焼肉屋でアルバイトを始めました。

 

 

その焼肉屋はかなり人気があって休日は地獄のような日々でした。

 

ミスをすれば怒鳴り声が聞こえてきて、

毎日肉を並べる日々に肉体的にはもちろん、

精神的にもキツかったです。

 

 

いつまでこんな生活が続くのかと将来が不安でしかなかったです。

 

焼肉屋をやめて、次は普通の中小企業に就職したのですが

そちらも中々のブラックでした。

 

僕はつくづく、会社運が悪いと心の底から思います。

 

 

ただあの過酷な日々があったからこそ、

今こうして幸せな日々を送れているのだと思います。

 

 

僕は本気で労働から抜け出したくて、

仕事が終わったらパソコンを開いて

ブログやSNSをやっていき

なんとか会社を辞めることに成功しました。

労働から抜け出した方法はこちら

 

 

この状態まで行くのにそこそこ頑張りましたが、

仕事よりは簡単です。

 

自分のペースで取り組めるし、

煩わしい人間関係もありません。

 

会社員でやっていけるなら

自分でビジネスを始めても上手くいきます。

 

 

だからあえて言います。

バイトや就職だけがお金を稼ぐ手段じゃない。

 

今は誰でも個人でお金を稼げる時代です。

バイトや就職以外の道を探すのも選択肢の一つだと思います。

 

 

では前置きが長くなりましたが、

本題に入っていきます。

 

 

焼肉屋アルバイト 2つポジション

 

僕は焼肉屋アルバイトで主にキッチンを担当していました。

注文が入ったら料理を作る係です。

 

 

焼肉屋にはホールとキッチン、2つのポジションがあって

どっちに入るか決めることができます。

 

もちろん、バイト先の判断で勝手に決まる場合もあります。

人手不足などが原因です。

そうなったら、選ぶことはできません。

 

ちなみに僕はキッチンがメインでしたが、

人が足りない時はホールでドリンクを作ったり、

運ぶ料理の順番を指示したり、

料理を運んだりと一通りのことは経験しました。

 

ではホールとキッチンのメリット、デメリットについて見ていきましょう。

 

 

焼肉屋アルバイト ホール・メリット

 

ホールの仕事は料理を運んだり、

呼ばれたらお伺いをしたり

主に接客を行います。

 

お客さんと直接関わる機会が多いので

コミュニケーション能力や言葉遣いが

どんどん上手くなっていきます。

 

ホールは声を張ったりする場面も多くなるので

自然とはっきり話せるようになります。

 

それにお客さんが美味しそうにご飯を食べている姿や

子供達の笑顔に心が温まります。

 

実際に料理を食べている人を見れるので

大きなメリットになります。

 

 

対人スキルやコミュニケーション能力を磨きたい人はホールが向いています。

 

 

また、稀にお客さんから電話番号やメールアドレスなどの連絡先を交換しよう

と言われることがあります。

 

 

僕はありませんが、

同じバイト先のホールの人は貰っていたみたいです。

だから過度な期待はダメですが、

出会いを求めているならホールがいいかもしれません。

 

 

焼肉屋アルバイト ホール・デメリット

 

ホールのデメリットはメリットの裏側です。

 

ホールのメリットは人と接することですが、

お客さんも良い人ばかりではありません。

 

いくら忙しい日でも料理が遅れたら

お客さんから怒られたり、

子供達にぶつかって料理が溢れたりもします。

 

それにお客さんが食べた後の片付けもあります。

 

 

どんな状況でもサービスを提供する側なので

いろいろな理不尽に遭遇します。

 

どんな理不尽に遭遇しても

笑顔を崩さずにいる必要があるので

自分の感情をコントロールできなければなりません。

 

 

僕のバイト先では店長が呼び出されて

土下座させれるところを目撃しました。

 

人と接するのが苦手だったり、

自分の感情をコントロールするのが難しい場合は、

ホールを選択しない方がいいでしょう。

 

もちろん、人と接するのが大好きで

自分の感情をコントロールできる人は

ホールでも十分通用します。

 

 

 

焼肉屋アルバイト キッチン・メリット

 

では次はキッチンです。

キッチンは僕もメインで入っていたので

詳しいのです。

 

キッチンは主にオーダーが入ったら

料理を作っていきます。

 

肉を並べたり、ビビンバや揚げ物などのサイドメニューを作ったりします。

 

僕のバイト先はドリンクやデザートはホールがやっていたのですが、

店によってはキッチンがやる場合もあります。

 

それでキッチンのメリットですが、

平日の暇な時間帯はつまみ食いができます。

 

 

肉などは無理ですが、

キムチなどは味見という型でよくつまんでいました。

 

 

あとは料理がそこそこ上手くなります。

キッチンは肉以外にもチヂミやラーメン、

ビビンバなどサイドメニューも豊富なので

料理が上手くなりたい人には向いています。

 

 

とはいえ、キッチンは単純作業が多いので

何も考えずに流れてきたオーダーを作って出すだけです。

 

最初はめちゃくちゃ難しく感じますが、

慣れてくると思考停止状態でも回せるようになります。

 

 

それとキッチンはお客さんとほとんどコミュニケーションを取る必要がないので

人と接するのが苦手な人

料理が上手くなりたい人はキッチンを選択するのがいいと思います。

 

 

焼肉屋アルバイト キッチン・デメリット

 

次はキッチンのデメリットですが、

これは仕事ができなければ地獄が待っている

ということです。

 

キッチンはオーダーが入ったら素早く料理を作って提供する必要があります。

 

だからキッチンにいるあいだは、

流れるようにオーダーが入ってくるので

時間内に必ず作って出さなければなりません。

 

休日などの繁盛期はオーダーが次々と入ってきます。

オーダーの紙が下まで付きます。

 

そしてキッチンは基本的に与えられた場所は一人でこなすので、

他の人を助ける余裕がありません。

 

ホールなら助け合うこともできますが、

キッチンは経験者でなければ手伝うことができません。

 

だからオーダーが次々と入ってどうにもならない状態を

『パンク』

と呼んだりします。

 

 

僕も何度も経験しましたが、

料理をいくら作っても全くオーダーが減らず、

吐きそうになりながら料理を作っていました。

 

キッチンは責任が大きいです。

だから要領が良い人や仕事が早い人以外は

キッチンはやめた方がいいです。

 

 

焼肉屋アルバイトはブラックなの?

 

ここまでホールとキッチンについて話してきましたが、

総合評価としてはブラックです。

 

焼肉屋アルバイトははっきりブラックといいます。

 

理由は

 

焼肉屋アルバイトは忙しい

 

焼肉屋は忙しすぎる。

 

特に食べ放題があるお店は

注文が鳴り止みません。

 

そして入ったオーダーをひたすら作って、

ひたすら運んでの繰り返し。

 

料理を運んで帰ってきてもまた次が並んでいる。

いくら作っても次々と流れてくるオーダー。

 

それにミスをすれば店長やお客さんから怒られる。

 

どれだけ処理しても永遠と流れてくる料理

それが5時間ほど続きます。

 

実際に食べ放題に行くとわかると思いますが、

早い時間帯に行けば店員さんもシャキシャキ動いていますが、

時間が経つ毎に顔色が悪くなっていきます。

 

そんな状態なので店内はピリピリと緊張感が増していき、

ミスをすれば怒られたり、

料理を間違えたりして

 

段々頭が真っ白になっていきます。

 

だから焼肉屋アルバイトは体力は必要だし、

精神的にも強くないと持ちません。

 

焼肉屋アルバイト まかないが唯一の救い

 

唯一焼肉屋アルバイトをしていて良かったのが、

まかないが出ることでした。

 

もちろん僕はキッチンだったので

僕が全員分のまかないを作っていましたが、

僕は好きなものを作っていました。

 

肉がいい時は肉を焼いて、

カレーやラーメンの日もありました。

 

 

ただ焼肉屋でまかないを食べていると

休日に焼肉を食べに行っても美味しく感じなくなります。

 

毎日食べているので飽きてくるのです。

 

僕もまかない以外に社割を使って半額で食べていましたが、

飽きてきて魚を食べたくなります。

 

ただ夕飯に困らなくなるのは良い部分ですね。

 

 

焼肉屋アルバイトの時給や給料は?

 

焼肉屋アルバイトの給料は気になりますよね。

焼肉屋の給料は他と比べて低めです。

 

 

僕は週6で開店前から仕込みをしていたので

そこそこ稼いでいましたが、

他の人は忙しい時間帯のみシフトが入っているので、

ガッツリ稼ぐことは難しいです。

 

夕方5時から10時くらいまでなので

1日中アルバイトしている人と比べたら

半額とかになります。

 

 

焼肉屋よりも楽なアルバイトで

自分よりも稼いでいたら虚しくなってきます。

 

どれだけ働きたくても月に5万とか稼げれば良い方です。

 

僕みたいに仕込みから入ることができれば

15万とか稼ぐことができますが、

狙ってできるものでもないので

5、6万円程度と考えておきましょう。

 

 

それと夜10時以降は時給がアップするのですが、

焼肉屋アルバイトの場合は忙しい時間帯を過ぎた頃なので、

もうあがれと言われて帰らさせれます。

 

忙しい時間帯しか働けないので

ガッツリ稼ぎたい人には向いていません。

 

まとまったお金を稼げないのもデメリットですね。

 

そういう人は焼肉屋以外のアルバイトを探した方がいいです。

 

焼肉屋アルバイトのまとめ

 

記事を書いていると昔のことを思い出して

懐かしい気持ちになります。

 

あの頃はまだ10代で純粋に働くことに一生懸命でした。

 

それが20歳を超えた辺りから

労働に苦痛を感じるようになりました。

 

行きたくもない仕事に毎日嫌々通って、

時間を奪われる日々。

 

やりがいなどはなく、

ただ生きるためだけに働く毎日。

 

周りは旅行やイベントに参加して楽しんでいる間も僕は生活費を稼ぐために

毎日仕事ばかり。

 

もしあの時、勇気を出して

会社を辞めていなければ

今頃は毎日労働に勤しんでいたでしょう。

 

あなたがバイトや就職で悩んでいるなら

選択肢は一つじゃない

ということを覚えておいてください。

 

 

もっと楽な仕事もたくさんあるし、

バイトや就職をしなくてもお金を稼ぐ方法はあります。

 

僕は今ネットを使って資産を作り収入を得ています。

 

日給3万近く稼ぐこともあり、

しかも自動で入ってくるので

空いた時間を好きなように使えます。

 

なにそれ、怪しいと思うのはわかります。

 

ただ僕はどこまでも自由な世界を覗いたとき、

コレしかないと人生を賭けるつもりで挑戦しました。

 

その結果、今は会社を辞めて、

労働なしの自由な生活を家族と共に送っています。

 

アルバイトや就職だけではなく、

このような稼ぎ方もあります。

 

だから将来どうなりたいか?

によって稼ぎ方を選んだら良いと思います。

 

では。

 

 

 

自由な人生を手に入れる方法を記した電子書籍を無料が読めます。

僕は元々どこにでもいるようなサラリーマンでしたが、今は好きなことをしながら家族と自由に過ごしています。
 
 
特別な才能があったわけでもなく、
貧乏な家庭で育ち、結婚後も貧しい生活をしていました。

仕事も上手くいかず失敗ばかりでした。

そんな僕でもビジネスに出会って真剣に取り組み始めてたところ、人生を変えることができました。
 

そしてビジネスを学んでみてわかったのが、人生を変えるのに運や才能は必要なく、
勉強と正しい努力をすれば
誰でも自由な人生を手に入れることができると確信しました。
 
 
そんな自由な人達が周りに増えていったら、人生がもっと楽しくなると思いませんか?
 
 
そういった思いから、元々貧乏サラリーマンだった僕が何をしてゼロから人生を変えたのか、その方法を電子書籍にまとめてみました。

20分程度で読める内容になっているので

もし興味があれば読んでみてください。
 
 

→電子書籍『自由な人生の設計図』を読んでみる

 
 
メールアドレスを入力すれば、受け取ることができます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
 
この記事が役に立ったと思ったらシェアして頂けると嬉しいです。

-日常, 労働とお金

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.