趣味がゲームでも悪いことはない

更新日:

どうも中山です。

 

趣味がゲームの人は、最近増えてきています。

理由としては、スマホゲーム市場の拡大や、

家庭用ゲーム機がどんどん進化しているからです。

 

最近ではプロゲーマーも徐々に認知されてきています。

 

ただまだまだゲームに対して悪いイメージを持っている人も少なくありません。

 

特に年齢を重ねる毎に多くなっている印象です。

 

そんな状態だから趣味はゲームだと気軽に言えない場面にも遭遇する可能性はありますし、

会社の上司や親から否定されることもあります。

 

今回はそんな趣味がゲームでも上手くやっていける方法や考え方について話していきます。

 

 

趣味がゲームでも全く悪くない

 

結論から言いますと趣味がゲームでも全く問題ありません。

趣味というのは個々の自由であって、

他人がとやかく言う権利はありません。

 

だからいくら趣味がゲームだからといって、

否定されることが間違っているのです。

 

趣味を否定された時の3つの対処法

 

ではゲームを否定する人はなぜ否定するのでしょう?

 

それはほとんどが勘違いやメディアの報道などで影響を受けて勝手にゲームに対して悪いイメージを作っているからです。

 

 

ゲーム好きが勘違いされがちなこと

 

ゲーム好きがよく勘違いされることがあります。

これはゲーム好きなら一度は言われたことがある可能性が高いです。

もちろん、僕も言われたことがあります。

それは、

 

ゲーム依存症

コミュ障

といったことです。

 

これらは明らかに勘違いや悪いイメージからきています。

 

メディアなどの影響を受けて、ゲームやっていると頭悪くなるとか、昔話題になりました。

 

ゲームと頭の良さは全く関係ないです。

 

 

ではゲーム依存症とコミュ障についてそれぞれ見ていきましょう。

 

ゲーム依存症

 

僕も小さい頃は、ゲームばかりやっていると依存症になると言われたことがあります。

 

確かにゲームに中毒性はあります。

 

ただゲーム依存症になる人はほんとわずかです。

世の中のゲーマー達は、

いくらゲームが好きでもゲームと仕事が両立出来ている人ばかりですよね。

 

ゲームが依存性の高いものなら、

世の中はゲーム依存症だらけになっています。

 

ゲーム依存症になる人のほとんどが

何かしら問題を抱えている場合が多いです。

 

だから普通の人がゲーム依存症になることは、ほぼありません。

 

 

コミュ障

 

コミュ障というのも、これは昔のオタクはコミュ障が多いイメージがあったから、

ゲーマーもコミュ障だと思われていることがほとんどです。

 

ただゲーマーやオタクでもコミュ障かどうかは個々の問題であって、

これは別にゲーマーやオタクに限った話ではありません。

 

僕も確かに昔は話すのが苦手でしたが、

今はyoutubeなどで情報発信をしているので

そこそこ話せます。

 

それにゲーマーやオタクの方が友達作りが上手かったりします。

 

 

だからゲーマー=コミュ障というのは、

明らかに勘違いだということです。

 

 

 

趣味のゲームを否定された時の対処法

 

趣味がゲームでも悪いことではないです。

ただいくら悪いことではなくても、

それを前面に押し出し過ぎるとダメな場合もあります。

 

例えば、会社や合コンなど。

特に会社は規律や統一性を重視しているので、

あまり派手にはみ出すと会社にも悪い印象を与える可能性があります。

 

その場合、趣味を全面的に否定される可能性もありますし、

自分が辛い思いをすることもあります。

 

そんな時の対処法がいくつかあるのでご紹介しますね。

 

 

 

 

他の趣味を持つ

 

ゲーム以外にも趣味を持つこと。

これはゲームだけが趣味だと思われると、

それだけでインドアで暗い人のイメージを持たれる可能性があります。

 

別にインドアでもいいのでゲーム以外の趣味を作って悪いイメージを取り払いましょう。

 

僕もインドアばかりですが、

ギターやイラスト、パソコンなども趣味です。

 

 

これはあくまでゲームを否定されないための対策なので、

ゲーム以外の趣味は触る程度でも問題ありません。

 

 

 

ゲームについて語らない

 

趣味がゲームであることを否定されたくなければ、ゲームについて語らないのが一番手っ取り早い方法です。

 

ただこの方法は、自分に嘘をつくことになるので、

その後が相当しんどいです。

 

例えば、好きなゲームの悪口を周りが言っていたら、

それに合わせて自分も悪口を言ったり。

同じゲーマーをバカにしたり。

 

これは精神的にも良いものではありません。

 

だから自分を偽ることなく、

自信を持ってゲーマーを名乗って欲しいです。

 

 

まとめ

 

ここまで趣味がゲームであることについて話してきましたが、

結局は、自分が自信を持ってゲームが好きだと言えるかどうかです。

 

これだけで今後、このような悩みを持つことはなくなります。

 

好きなものを好きだと言えない状況は、

僕にとっては地獄です。

 

だから僕は好きなら自信を持って好きでいますし、

その方が思いっきり趣味を楽しめます。

 

 

だから自分の趣味に自信を持って欲しいです。

 

 

では今回はこれで終わります。

 

 

自由な人生を手に入れる方法を記した電子書籍を無料が読めます。

僕は元々どこにでもいるようなサラリーマンでしたが、今は好きなことをしながら家族と自由に過ごしています。
 
 
特別な才能があったわけでもなく、
貧乏な家庭で育ち、結婚後も貧しい生活をしていました。

仕事も上手くいかず失敗ばかりでした。

そんな僕でもビジネスに出会って真剣に取り組み始めてたところ、人生を変えることができました。
 

そしてビジネスを学んでみてわかったのが、人生を変えるのに運や才能は必要なく、
勉強と正しい努力をすれば
誰でも自由な人生を手に入れることができると確信しました。
 
 
そんな自由な人達が周りに増えていったら、人生がもっと楽しくなると思いませんか?
 
 
そういった思いから、元々貧乏サラリーマンだった僕が何をしてゼロから人生を変えたのか、その方法を電子書籍にまとめてみました。

20分程度で読める内容になっているので

もし興味があれば読んでみてください。
 
 

→電子書籍『自由な人生の設計図』を読んでみる

 
 
メールアドレスを入力すれば、受け取ることができます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
 
この記事が役に立ったと思ったらシェアして頂けると嬉しいです。

-ゲーム

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.