ぼくたちは勉強ができないの感想と真冬先生が最高すぎる

更新日:

どうも中山です。

 

今回は最近までやっていたアニメで「ぼくたちは勉強ができない」

というアニメの感想と僕の一押しキャラについて話していきます。

 

僕が今期見たアニメでは一番オススメできるアニメなので

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

ぼくたちは勉強ができないの概要

 

「ぼくたちは勉強ができない」は筒井大志氏が原作を手がける

週刊少年ジャンプ連載の漫画です。

 

 

 

主人公の唯我成幸が大学の推薦をかけて

受験勉強に苦戦する同級生の女の子達の教育係になるところから物語は始まります。

 

指導する相手は文系の天才と

理系の天才の二人でどちらも苦手科目に関しては

全くダメで彼女達を志望校に合格させることを条件に

主人公の唯我成幸が右往左往しつつ、ラブコメを展開していきます。

 

 

 

ぼくたちは勉強ができない 感想とおすすめのポイント

 

僕たちは勉強ができないのアニメはもちろん、

漫画も全巻読んでいて思ったのが、

勉強ができないと苦しむ日々は自分と似ているところがあるな

と非常に共感できました。

 

僕もあまり勉強ができるタイプではないので、

何かを覚えるときは人の数倍はやらないとできないのです。

 

だからブログやYouTubeの勉強をするときも

音声やPDFを何十回も往復してようやく自分の中に落とし込めるといった感じです。

 

 

だから彼女達の気持ちがわかるし、

できない自分が嫌いになることもありました。

 

だから僕にとっては過去の自分を見ているような感覚で

この作品を楽しみました。

 

 

またストーリーは王道ラブコメであり、

主人公の唯我成幸を中心に5人のヒロインとのやりとりを楽しむといった感じなので

僕としてはかなり好みです。

 

『王道展開はもう飽きた』という意見もありますが、

王道だからこそ、ハズれが少ないということでもあります。

 

 

僕たちは勉強ができないはマルチエンディング

 

一応、僕たちは勉強ができないは完結していますが、

新たに『僕たちは勉強ができないRoute:if』

というストーリーで原作でゴールインできなかったヒロイン4人とのエンディングを迎えられます。

 

そのため、自分の推しヒロインとの展開や各ヒロインとどのようなエンディングを迎えられるのかを楽しみに待っています。

 

 

各ヒロインの特徴

 

ここで各ヒロインの特徴を少しだけご紹介します。

 

古橋文乃

主人公が最初に出会うヒロインの一人です。

文系が得意で『文学の森の眠り姫』呼ばれていますが、

その反面、理数系が苦手。

ですが、彼女は理数系の大学に進学するために主人公から勉強を教わるという流れ。

 

 

緒方理珠

主人公が最初に出会うヒロインの一人。

理数系が得意で『機械仕掛けの親指姫』と呼ばれていますが、

その反面、文系が苦手。

そして文系の大学へ進学することを決めて、

主人公に勉強を教わる流れ。

 

 

武元うるか

水泳の天才で『白銀の漆黒人魚姫』と呼ばれています。

水泳以外は苦手で主人公が教育係となり、

有名人2人に勉強を教えていることを聞きつけて、自身はスポーツ推薦で英語が必要になるため、参加することになります。

また中学の頃から主人公との付き合いがあり、密かに想いを寄せています。

 

 

桐須真冬

主人公達が通う一ノ瀬学園の世界史教師。

古橋文乃と緒方理珠の初代教育係で、

二人に自身の才能を活かすように説得するが失敗。

生徒達の間では『氷の女王』と恐れられている。

そして何かと主人公達と対立することも多くありますが、接していく中で徐々に認識が変わっていく流れです。

 

 

小美浪あすみ

主人公達の一つ年上で予備校でたまたま主人公と出会い、国公立医大を目指すも浪人。

その後に主人公から勉強を教わるようになり、バイト先で一緒に勉強をするようになります。

 

 

ぼくたちは勉強ができない 真冬先生

 

ここからは僕の一押しキャラについて話していきますね。

 

僕の一押しキャラは主人公たちが通う高校の教師で

初代教育係である桐須真冬先生です。

 

先生ではあるのですが、ラブコメの対象になっています。

だから主人公のハーレムにも混ざって先生が主体になる話も多くあります。

 

 

 

ちなみに第一回人気投票では見事一位を獲得しました。

 

キャラも立っていて、後からヒロインに入った感はありますが、

それでも魅力的なキャラなので先生になる背景や主人公の親との関係なども

色濃く描かれています。

 

 

個人的には真冬先生ENDでもいいと思います。

 

 

僕たちは勉強ができない 感想のまとめ

 

後半は先生の話ばかりになってしまいましたが

他のヒロインも魅力的なキャラばかりです。

 

それぞれのキャラが独特の雰囲気を醸し出していて

それでもみんな仲良く、面白く物語を彩ってくれています。

 

だからこの作品はおすすめできるし、

ちょっとした息抜きや何かに行き詰った時に読んでみると

明るい気持ちになると思います。

 

またアニメは現在2期まで放送されているので、気になった方は観てみてください。

 

 

ということで今回はこれで終わります。

 

 

 

-アニメ, おすすめ漫画、小説

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.