成長する人の特徴と成長するべき理由

更新日:

どうも中山です。

 

僕はブログを始めてから成長することに

全力を尽くしてきました。

 

理由は単純に成功者は総じて成長意欲がめちゃくちゃ高いからです。

 

自分を成長させるためならいくらでも行動するし、

いくらでもお金を払います。

 

それが成功者たる由縁だと思っています。

 

今回はそんな成長する人の特徴と成長するとどうなれるのか?

について話していきます。

 

 

成長する人の特徴

 

成長する人の特徴って

大きくわけると5つあります。

 

・成長意欲がある

・失敗を恐れずに行動できる

・責任感がある

・素直である

・努力を続けられる

 

この5つの特徴があります。

もっと細かく見ていけばいくらでも出てきますが、

それだとキリがなくなるのでその中でも特に大切な5つを上げました。

 

これらは成長する人に必ず備わっていることであり、

これらの特徴がない人は悪い言い方をすれば成長する気がないということです。

 

ではもう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

成長意欲がある

 

これは当たり前の話ですが

成長意欲がなければそもそも成長しません。

 

だから成長する人は必ず成長意欲が異常に高いです。

 

例えば、

僕の知り合いにフリーでイラストを書いている人がいるのですが、

その人はどうすれば自分のイラストが上達するか?

常に考えていました。

 

そして自分のイラストが成長するなら

どんなことでもやってのける

くらいの気持ちで毎日努力していたので

今では自分のイラスト集を出版するにまで成長しました。

 

これは成長するために必要なことなので、

成長したいという欲求があるなら

ここは自然とクリアできるでしょう。

 

 

 

失敗を恐れずに行動できる

 

成長する人は失敗を恐れずにガンガン行動します。

 

たまに失敗を恐れるあまり言い訳をして

何も行動しない人がいるのですが、

それだと成長することはありません。

 

僕も最初はここでつまづいていました。

何をするにもあれこれ考えて

結局何も行動できないままでした。

 

そんな状態なので、

結果どころか何も進歩しなかった期間が続きました。

 

流石にヤバいなと思っていたときに

ビジネスの先輩に

「つべこべ言わずに行動しろ」

と言われて、ここで始めて失敗を気にせず行動するようになりまた。

 

それに失敗することで得られることも多いので

失敗を恐れず、むしろ失敗すらも自分の成長の糧にしてやる

くらいの気持ちで行動するのがいいでしょう。

 

責任感がある

 

何かあればすぐに人のせいにする人は成長しません。

学校や会社にも1人はいると思います。

 

何かあれば

自分は悪くない

悪いのは〇〇

みたいな言い訳をする人。

 

ああいう人は自分の悪いところを直すつもりもないので

一切、成長しないままです。

 

だからしっかりと自分の行動に責任を持って

人のせいではなく、自分のせいでそこからも学びを得るのがいいでしょう。

 

 

素直である

 

成長する人は人の教えなどを素直に聞きます

それに自分よりも上手くいっている人のアドバイスは

自分が考えるよりも正しい場合が多いです。

 

それなのに

いや、それは違うと思う

など、人の意見を聞けない人は成長の機会を失っています。

 

それに自分よりも上手くいっている人からのアドバイスは

成功パターンが多いので、そこから得られる経験は計り知れないです。

 

 

 

努力を続けられる

 

 

これは当たり前といえば当たり前ですが、

そもそも努力できない人は成長もクソもありません。

 

 

努力してこそ成長があるので、

ここをおろそかにすれば成長するはずがありません。

 

だから成長したければガンガン努力しなければなりません。

 

ここは成長意欲があっても

意外とクリアできない人が多いので

今一度、自分が努力しているかどうか

これまでの行動を思い返してみてください。

 

参考記事

努力の継続が難しい人へ 問題解決の助言

 

 

成長するために必要な絶対条件

 

成長するためにコレだけは絶対に必要なことがあります。

 

それは『常に学ぶこと』です。

 

書籍などで学ぶことはもちろんですが、

それ以外にも失敗や成功から学ぶことだってできます。

 

他にも新しい経験や異業種、

年上、年下、男女など学べる場所はたくさんあります。

 

ですが、多くの人はそれに気づいていません。

 

当たり前の日常だし、

特に気にもかけないので、近くに学べる環境があっても気づかずに終わってしまいます。

 

でもそれは非常に勿体ないことです。

 

無駄なプライドは捨てる

 

年下や違う業種の人から学ぶ際に

無駄にプライドが高く、学ぶことはないと思ってしまう人も中にはいます。

 

ただそれが自分の成長の妨げになることに気づくべきです。

 

学ぶことに年齢なんて関係ないし、

歳の差があるほどに知識や価値観の違いがはっきりしてきます。

 

今まで経験したことのない話を聞けるチャンスもありますし、

それは非常に価値のあることです。

 

 

ここでプライドを持って避ける行動を取るのは愚策です。

 

学べる場には自ら積極的に飛び込むべきです。

 

 

成功するために運や才能はいらない

 

運や才能と言われると特別な人しか持ってないと

思う人が大半だと思います。

でもこれらは誰しもが平等に手に入れられるものです。

 

「えーほんとかよー?」とか言われそうですが、

事実です。

だってその裏には膨大な努力が存在しているから。

 

成功を得るための方法

 

成功とは、努力なくして得られるものではありません。

必ず何かしらの努力を行っています。

そんな人達の頑張りを運や才能と一括りにするのは、

ちょっと失礼ですよね。

 

成功者からすれば自分の努力は、

誰も見てくれていないということですから。

 

だから実際は誰でも成功できるけど、

誰も行動しない。

 

行動したものだけが得られる称号が成功者というわけです。

 

天才と呼ばれた人達

 

世の中には天才という言葉が存在します。

何かすごいことをすれば天才。

人ができないことができれば天才。

 

これも成功者と同じで誰でも得られるものでも

誰も得ようとしないだけです。

 

ここである天才と呼ばれた人のエピソードをお話しましょう。

 

彼は幼いころに父を無くし、工場勤めの母の手伝いをするためにわずか6歳で料理を始めた。

7歳になる頃には家族が絶賛するほどのパンを作れるほどになりました。

 

そして10歳になるころから働きに出て

農場や判事助手、セールスマンやボイラー士と40種類の仕事を経験しました。

 

30代に後半になった頃、彼はガソリンスタンドの経営を始めます。

経営は苦しかったがそれでもなんとかやっていける状態でした。

そこから新たに小さなレストランを始めます。

 

その後繁盛していたガソリンスタンドやレストランはバイパスができたことで

交通量が減り、挙句ガソリンスタンドは倒産してしまします。

そしてレストランは火事で焼失しました。

 

それから何度も再建を果たすも負債を多く抱えていたため経営から一度引きます。

その時の彼は65歳。

そこから彼はレシピを教える代わりに売れたら1つにつき5セント受け取るというフランチャイズビジネスを始めます。

 

その後彼はいろいろな場所に営業にいきますが上手くいかず、

1009回も断られたそうです。

そのなかでやっと取り扱ってくれた1件のお店から瞬く間に600店舗を超えるほどまで広がりました。

 

そう彼は、かの有名なケンタッキー・フライド・チキンの生みの親、

カーネル・サンダースです。

 

 

 

彼は成功を収めるために様々な努力をしてきました。

そして彼ら成功者は成功するための道を示してくれています。

その道を進めば成功できるというわけですね。

 

そこには努力も必要です。

でも彼らほど血みどろになってするほどの努力ではありません。

だって道は示してくれていますから。

そこを一直線に進んで行けば誰だって成功者になれます。

 

 

まとめ

 

成長するべき理由は

成功するために必要だから

この一言にまとめられます。

 

 

何かしら目標があって

その目標を達成するために成長したいと思うのが自然ですし、

目標も夢もないなら成長したいと思うはずがありません。

 

 

だからぜひ今回の話したことを実践して

ガンガン成長してぜひ成功をつかんでください。

 

 

では。

 

 

 

 

-思考(マインド)

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.