オタクはお金をどこから用意しているのか?現役オタクがその疑問に答えます

更新日:

どうも中山です。

 

 

オタクには種類がいくつかあります。

アイドル、アニメ、ゲーム、鉄道

などなど。

 

オタクにもいろいろ種類はありますが、

お金に関しては基本的にみんな同じだと考えてOKです。

 

オタクの定義を語るとめちゃくちゃ長くなるので、

ここでは一般的な認識のオタクということで

アニメオタクやアイドルオタクに絞って話していきます。

 

 

オタクのお金はどこから出ているの?

 

オタクって高額なグッズや毎回コンサートに参加したり、

コンビニなどにある一番くじをすべて買ったりと

好きなものに対してお金に糸目をつけません。

 

僕もオタク歴は10年以上になりますが、

今までアニメやゲームなどに使った金額は軽く500万を超えています。

 

だから端からみると

どこからそんなお金が出ているの?

と疑問に思うのも普通です。

 

 

僕もオタクのお金の使い方と

普通の人のお金の使い方を両立していますが

 

これは知ってしまえば大したことではなく、

当たり前のことになるのですが

オタクだからって何か特別なことをしているわけではありません。

 

 

 

 

オタクの収入源

 

いくらオタクだからって

別に収入源が特別なわけではなく、

普通に働いたお金で好きなものを追いかけているのです。

 

仕事

副業

アルバイト・パート

などなど。

 

これらでお金を稼いでいます。

 

だからオタクではない方と

なんら変わらないということです。

 

中にはお金持ちもいますし、

僕みたいにブログやメルマガなどをやっている人もいます。

ただそれはまだまだ少数です。

 

では普通の人とオタクはどこが違うのか?

 

お金の使い道

 

オタクとそうではない人のお金の使い道に違いがあります。

 

普通の人は、服や食事、美容、飲み代など、

これらにお金を使っていることが多いです。

 

これらを我慢すれば

グッズなどを買うお金を用意することはできます。

 

僕もビジネスをする前は

洋服を我慢してグッズなどを買いあさりました。

 

 

それに普通の人なら馬鹿らしく思うかもしれない

グッズなどを買うことが

オタクにとっては普通なのです。

 

逆にオタクにとって洋服にお金を使うことが勿体ないと思っているのです。

 

 

まあ、最近はオタクでも服装に気を使う人が増えてきましたが。

 

 

だから根本的に価値観が違うということです。

 

僕も10代の頃は稼いだお金で服や身の回りの物を買うよりも

自分の好きなアニメのグッズを買う方が幸せでした。

 

今でもそうですが、

今はまだお金に余裕があるから服でもグッズでも買えますがで

そうでなければグッズを優先していたでしょう。

 

 

 

なぜそこまで好きなものにお金を使えるのか?

 

 

これに関しては基本的には普通の人と変わりません。

 

・飲み会で楽しい時間を過ごす

・好きな女性とデートする

・カッコよく、可愛く見せたい

・癒やしを得たい

 

普通の人がこれらにお金を使う感覚と同じで

オタクにとってもこれらの感覚があります。

 

・コンサート後に仲間と打ち上げ

・仲間と楽しい時間を過ごす

・オタクの中でカッコよく見せたい

・癒やしを得たい

 

 

この感覚に違いはありません。

 

普通の人とオタクの違いはどこに接点を当てているか?

たったこれだけなのです。

 

 

まとめ

 

そもそもオタクだからって

何か特別なことをやっているわけではありません。

 

普通の人となんら変わらないし、

普通に働いて稼いだお金で好きなものを追いかけています。

 

僕もそうですし、

世の中のほとんどのオタクは同じです。

 

要はお金の使い道の違いですね。

 

それだけの差なので

大した違いはありません。

 

 

だからオタクはどこからお金を用意しているのか?

と疑問に思うのではなく、

普通の人となんら変わりないと思っておいてください。

 

 

では。

 

-アニメ

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.