【収益3倍】アフィリエイト記事の書き方3ステップで解説

更新日:

どうも中山です。

 

アフィリエイトで稼ぎたいけど、

どんな記事を書けば収益化できるの?

と言った悩みをこの記事で解決します。

 

この記事では、

・【収益3倍】アフィリエイト記事の書き方を3ステップで解説

・アフィリエイト記事をスラスラ書く方法

これらを解説します。

 

 

アフィリエイト記事の書き方は、

人によって多少変わってくるものの、

軸は同じでテンプレート化しています。

 

だから難しく考えずに、

記事の流れだけでも掴んでみてください。

そして流れにそって、日々訓練していけば

あなたの必ずライティング力は成長していきます。

 

またアフィリエイトでライティングは非常に重要なスキルなので

しっかりと学んでいってください。

 

また動画でも記事の書き方を解説しているので

合わせて見ていただけるとより理解が深まります。

【収益3倍】アフィリエイト記事の書き方を3ステップで解説

 

以下の3ステップでアフィリエイト記事の書き方を完成させることができます。

 

・キーワード選定をする

・記事を設計する

・テンプレートを使って記事を書く

 

この3つのステップで記事を書くことができます。

 

 

キーワード選定

 

アフィリエイトでは、キーワードに沿った記事を書かなければ

アクセスを集めることができません。

アクセスが集まらない=収益ゼロとなるため、アクセスは必ず必要になります。

 

アフィリエイトで収益が発生するまでの流れは、

1 Google検索で読者が訪れる

2 あなたの記事をクリックして読み始める

3 アフィリエイト商品を購入

 

この流れで収益が発生します。

そしてキーワード選定でやるべきことは1番の検索から読者を呼び込むことです。

 

ちなみにこの記事では【アフィリエイト 記事 書き方】

というキーワードを狙って書いています。

 

キーワード選定をしっかりとすることがアフィリエイトで稼ぐための

最初のステップになります。

 

具体的なキーワード選定のやり方

 

キーワード選定をする際は以下のツールを使用します。

ラッコキーワード

こちらのツールでは関連するキーワードを一覧してくれます。

アフィリエイトでは必須ツールです。

ちなみに無料で使えます。

 

キーワードには3種類あって

・ビックキーワード

・ミドルキーワード

・スモールキーワード

 

この3つでビックキーワードが一番競合が強く、上位表示が難しく

スモールキーワードがライバルも少なく比較的、上位表示しやすくなります。

 

またスモールキーワードは

ロングテールキーワードと呼んだりするので、

ここではこちらの呼び方で進めていきます。

 

そしてブログを始めたばかりであれば

まずはロングテールキーワードを狙って記事を書いていきます。

 

例えば、以下のようなものがロングテールキーワードになります。

アフィリエイト 稼ぐ方法

アフィリエイト 記事 書き方

アフィリエイト 初心者 コツ

 

このように複数のキーワードからなる複合キーワードが

ロングテールキーワードと呼ばれています。

 

 

またロングテールキーワードは基本的に集客用のキーワードになります。

 

 

キーワードツールを使いましょう

 

キーワードを管理するためには

キーワードツールを使うのが基本です。

ツールを使わなければ正確な順位を図ることができないので必須です。

WindowsであればGRCが有名で僕もGRCを使っています。

検索順位チェックツールGRC

 

 

記事を設計する

 

続いて記事を設計する作業に入ります。

記事設計をすることで記事の軸がブレるのを避け、

読者に必要な情報を

しっかりと伝えることができます。

 

 

その際は以下のテンプレートを利用します。

 

1 読者の悩みを明確化

2 悩みの解決策を提示

3 その解決策が信頼できる根拠を提示

4 読者にとってほしい行動を示す

 

以下に具体的な設計図を公開しています。

 

 

1 読者の悩みを明確化

ターゲット これからアフィリエイトを始める初心者

悩み1 記事を上位表示してブログにアクセスを集めたい

悩み2 記事の書き方がわからない

悩み3 アクセスを集めてブログで稼ぎたい

2 悩みの解決策を提示

解決策1 キーワード選定の方法を解説

解決策2 記事の書き方を解説

解決策3 収益を上げる方法を解説

3 その解決策が信頼できる根拠を提示

僕自身がブログ歴6年で上記のやり方で収益を上げることができている。

4 読者にとってほしい行動を示す

キーワードツール【GRC】のアフィリエイト

 

ここまでしっかりと設計図を作ることで

しっかりとした記事を書くことができます。

 

基本的にはほぼ全ての記事でこのやり方を採用しており、

ブログの下書きで設計図を埋めています。

 

 

 

ここで重要なのは、読者の悩みをできるだけ深堀することです。

今回の記事で言えば、

記事を書いて最終的にどうなりたいの?

という部分まで深堀しています。

 

テンプレートを使って記事を書く

 

記事を書く際のテンプレートはPREP法と呼ばれるテンプレートを使用します。

1 結論

2 理由

3 具体例

4 結論

 

このテンプレートは現在第一線で活躍している

アフィリエイターの多くが使用しており、

論理的にわかりやすく伝えることができるように設計されています。

 

例えば、この記事では

1 結論

記事を設計する

2 理由

読者に必要な情報をしっかりと伝えることができる

3 具体例

この記事の設計図を提示

4 結論

ここまでしっかりと設計図を作ることで

しっかりとした記事を書くことができます。

 

この流れは普段僕の記事を読んでいる人なら見覚えがあると思います。

このブログでもほとんどの記事でこのPREP法を採用しております。

 

それに僕の記事以外でもPREP法を使った文章は

あちこちで見かけると思いますが、

これの流れが伝わりやすく、説得力のある記事の書き方だからです。

 

ただたまに例外もあります。

僕の記事でも数記事くらいはストーリー調で

共感を得ることを目的にした記事があります。

こうした記事は集客や収益が目的ではなく、

共感が目的のため例外になります。

 

 

アフィリエイト記事をスラスラ書く方法

 

記事をスラスラ書くために必要なことは一つしかありません。

それは継続することです。

 

文章力ってスポーツと同じで

いくら理論を学んだところで

実際に使えるようになるまでは、

ある程度の練習が必要なのです。

 

 

だから継続しなければ文章は上手くならないと思ってもらえればと。

 

99%の人がここで挫折してしまうので、

継続するだけでもメリットが大きいです。

 

会話しているように書く

 

これは文章を書くコツです。

記事を書く前にターゲットを決めますよね。

そして実際に記事を書く際はそのターゲットと会話をしているように

記事を書いていくとスラスラ書けるようになります。

 

これは空想で会話するイメージなのですが、

慣れないうちは難しいと思うので

過去の自分かターゲットに近い身近な誰かと会話しているイメージを

そのまま文章にしていきます。

 

実際に声に出してもいいですし、その相手を目の前に連れてきて

会話しながら記事を書いてもいいですし、

このあたりは練習あるのみです。

 

続けていれば慣れてくるので

練習を続けていけば頭の中で作り上げたターゲットと会話しているように

記事を書くことができるようになります。

 

リライトも重要です

 

ブログをリライトしない人は稼げません。

リライトは記事のズレを修正する重要な役割があります。

 

この作業をしないで最初から完璧な記事を書くのは難易度がめちゃくちや高いです。

 

特に初心者がいきなり書けるはずもないのでリライト作業は必須です。

 

またリライトには明確な目的が必要で

ただ記事を修正するだけでは意味がありません。

 

基本的に記事毎にそれぞれ目標があります。

収益を目標とした記事

集客を目標とした記事

共感を目標とした記事

教育を目標とした記事

 

これらの目標が明確でない記事はリライトすることは不可能です。

そしてこの目標に近づける作業をリライトと呼ぶのです。

詳しくは以下記事にまとめています。

アフィリエイトはリライトできないと稼げない

 

 

上手い人の文章を真似る!

 

上手い人の真似をして自分のスキルにしていくのが基本です。

アフィリエイトにかぎらずスポーツや仕事でもまずは模範から入りますよね。

 

僕も1人の人を決めて徹底的に真似てます。

 

 

写経

 

記事を読んでいてこの人文章上手いなっと思うことってありますよね。

 

そういう時はノートなりメモ帳なりに書いてみると

その人と同じような文章が書けるようになります。

 

もう丸写ししてください。

ポイントはノートとペンで書くこと。

自分の手を動かすことが重要です。

 

この方法を写経と言います。

 

毎日書いていると言葉や表現を意識するようになり

同じような文章を書けるようになります。

 

僕も最初はよくやりました。

 

おかげである程度の文章を書けるようになりました。

 

 

一人に絞ること

 

 

2人以上の文章を書いても、ゴチャマゼになって

よくわからない文章になってしまいます。

 

一度この人っと決めたなら同じような文章が書けるまで

同じ人の文章を書いてください。

 

ポイントは、

決めた人の考え、思考が分かるまで続けることです。

 

 

注意

 

ここで注意しなければならないことがあります。

丸写しした文章を絶対ネット上に投稿しないでくださいね

 

著作権法の違反になります。

つまり犯罪です。

ここだけは、守ってくださいね。

 

 

 

まとめ

 

アフィリエイト記事の書き方をまとめると

記事設計

1 読者の悩みを明確化

2 悩みの解決策を提示

3 その解決策が信頼できる根拠を提示

4 読者にとってほしい行動を示す

 

PREP法

1 結論

2 理由

3 具体例

4 結論

 

この流れに沿って書けば

しっかりとした記事が書けます。

 

ただ継続しなければ意味がありません。

アフィリエイトでは、

いくら良い記事が書けたとしても

継続できなければ稼ぐことはできません。

 

だから今はまだ稼げなくても

諦めず継続してみてください。

そのうち99%のライバルが居なくなっていきます。

 

 

 

-アフィリエイト

Copyright© ケンボーの趣味ログ , 2021 All Rights Reserved.