コピーライティングとは?基礎と注意点を解説

更新日:

どうも中山です。

 

今回は、コピーライティング「セールス文章」とは、

どんな文章かどんなことに使えるのかについて解説します。

 

 

売るための文章

 

アフィリエイトにおいてのコピーライティングとは、

商品を売るために必要なスキルです。

 

文書というよりは心理学に近い部分がありますね。

顧客心理、

どうすればお客が欲しがるか?

どうすれば読んでもらえるか?

などを考えながら書くためのスキルですね。

 

できるようになれば面白いですが、

これまた膨大な時間がかかるので時期を見極める必要がありますね。

 

 

コピーライティングとは?

 

 

コピーライティングはもともと広告やチラシに使われるテクニックで

売りたい物を魅力的に伝えるためのテクニックです。

 

先程も解説しましたがアフィリエイトの場合、

ライティングはブログやメルマガを書く際に必要なスキルですが

コピーライティングは商品を売る際に必要になります。

 

初心者が下手に学ぶと挫折します

 

 

初心者のうちからコピーライティングに力を入れると必ずといっていいほど挫折します。

 

僕がいい例です。

僕も一度コピーライティングばかりに夢中になり全然稼せげず

挫折しかけたことがありました。

 

コピーライティングを使いまくっても

読む人がいなければ意味がないから。

 

それに下手に覚えて売り込み臭がプンプンするような文章になってしまう可能性もあります。

 

初心者のうちはコピーライティングをがっつり学ばなくても問題ないです。

そこまでやっていたら、やるべきことができなくなる可能性があります。

 

軽く知ってる程度で構いません。

それよりはファンを増やすことに専念しましょう。

 

 

コピーライティングが必要になる場面

 

コピーライティングは、本来何かものを売るために必要になるスキルです。

売る段階に来た人が使うスキルですね。

 

中級者以上にもなれば普段の記事や

メルマガでそれなりに使える場面も多くなりますが、

初心者のうちはそこまで気を回す必要はありません。

 

始めのうちは毎日メルマガを配信するだけでも大変ですからね。

 

それではコピーライティングが必要になる場面について解説していきます。

 

アフィリエイトを開始するとき

 

売りたい商品が決まっていざ販売しようと思った時に

レビュー記事が必要になります。

 

レビュー記事とは、

自分がその商品をおすすめする理由や、

実践してみた感想などを書いて、

商品の魅力を伝えるための記事です。

 

このレビュー記事を書く際に必要になります。

 

あるいはメルマガで販売する時に必要になります。

 

 

使うタイミングを間違えないこと

 

毎回コピーライティングを使って

「この商品は、あれこれこんな魅力があります。」

っと言われて正直うっとうしいですよね。

 

売り込み臭がプンプンします。

こんなブログすぐに閉じますよね。

メルマガの場合すぐに解除しますよね。

 

本当に必要な時に使うよう心がけてください。

 

中級者以上にもなれば普段の記事やメルマガでそれなりに使えるようになります。

 

初心者が一般的に使う場面はやはりレビュー記事が一番でしょう。

 

あるいはあなたが商品を作って売る際、

セールスレターを書く場合。

 

セールスレターを書く場合はすごく必要になります。

 

ですがまだまだ初心者のうちは

セールスレターを書くことはそうそうないので

あまり気にしなくても大丈夫です。

 

 

ただし、コピーライティングにこだわりすぎると大変なことになります。

っという部分についていくつか注意点を書いていきます。

 

 

コピーライティングに依存すると挫折します

 

 

これまでのお話を踏まえた上で

コピーライティングに関する注意点をお話します。

 

 

他がおろそかになる

 

コピーライティングばかり学んでいたら

他がおろそかになり作業をやっているようで

進んでいない状態になります。

 

この状況になってしまったら挫折します。

僕自身痛いほど経験しました。

 

僕と同じ経験をして欲しくないので注意してください。

 

必要になるのは商品を売る段階です。

それに初心者のうちは、学ばなくても問題ありません。

 

正直コピーライティングなしでも稼ぐことはできます。

 

できないよりできた方がいいですが。

 

膨大な時間がかかる

 

コピーライティングというのはすごく奥が深いスキルで

テクニックは無数にあります。

 

本気で学んだら1年丸々かかると思います。

 

それも使う場面はそんなに多くありません。

 

そこまでがっつり学ぶ人というのは

セールスレターを書く必要がある販売者側かアフィリエイト中級者以上からです。

 

セールスレターを書く際に重要になるので

アフィリエイトをしているうちはセールスレターを書くことは、

まずないでしょう。

 

書くとすればレビュー記事やメルマガでの商品販売です。

レビュー記事で多少必要になりますが、

ほぼ感想や意見、メリット・デメリットで作り上げるので

多少使えるくらいでいいでしょう。

 

もちろんマスターした方が後々役に立ちますが、

他の作業がたくさんある初心者には到底無理な話です。

それよりはブログライティングを学んだ方がよっぽどいいです。

 

学ぶならある程度の報酬が得られる中級者以上からにしましょう。

 

 

コピーライティングをいつ学べばいいにか?

 

コピーライティングの学ぶ時期を間違えると挫折します。

 

 

早い時期に学んでもせっかく学んだコピーライティングを活かすことができません。

そこで以下の2つのどちらかの時期に学ぶのが適切なタイミングだと考えます。

 

商品を販売するとき

 

コピーライティングを学ぶ時期は、

一番ベストだと思うのがレビュー記事が必要になったときです。

アフィリエイトを行う際に必ずレビュー記事が必要になります。

 

このレビュー記事を書くためにコピーライティングが必要になります。

必要とは言ってもほとんど感想や実践した感じを書くので

ある程度学んでいればそこまで難しくないです。

 

実際コピーライティングを少し噛った程度のレビュー記事でも売れることは多々あります。

 

他の作業が慣れてきた時期

 

ブログ更新やメルマガなど他の作業に慣れてきた時に

他の作業と並行して行うといいでしょう。

 

コピーライティング 1時間

他の作業 1時間

 

こんな感じで並行して作業をすることで

他をおろそかにすることもなく効率のいい作業ができます。

 

僕の場合

コピーライティングを学ぶ時期が早すぎてほぼ挫折状態になってしまいました。

 

実体験を踏まえた上で

以上の二つのどちらかの時期に学ぶのがいいでしょう。

 

そもそもコピーライティングは初心者には向いていないので

ある程度実績ができてきたら本格的に学ぶのがいいですね。

 

そこまでいければ普段の記事やメルマガでコピーライティングのテクニックを

使っていくこともできるようになります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

コピーライティングとは本来広告に使うスキル。

アフィリエイトにおいては商品を欲しがらせたり、魅力的に伝えたりするスキル

最初はがっつり学ぶ必要はない

 

コピーライティングが必要になる場面

アフィリエイトでレビュー記事を書くとき

メルマガで販売するとき

中級者にもなれば普段から使うことができる

 

使うタイミングを間違えると売り込み臭がする胡散臭い文章になる

 

 

 

コピーライティングばかりを学んでいると本来やるべき作業が進まなくなる。

コピーライティングは奥が深く非常に時間がかかる

 

コピーライティングを学び始める時期

商品を販売またはアフィリエイトを開始する段階にきたら。

他の作業が慣れてきたタイミング。

 

 

 

今回は、これで終わります。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

次回もぜひ読んでください。

質問や相談、わからないことがあれば
気軽にメールください。
お問い合わせ

読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネス初心者の方はこちら

無料プレゼント企画


 

-ライティング(文章術)

Copyright© 中卒サラリーマンがアフィリエイトで月収100万稼ぐ方法を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.