ゲーム実況、配信向けゲーミングPCの選び方とおすすめBTOショップ

更新日:

ゲーム実況を始めるためにゲーミングPCが欲しいけど、

どんなスペックのモノを選べばいいのか判断基準を知りたい。

またそもそもゲーミングPCって何?

あとおすすめも合わせて知りたい。

 

このような疑問に答えます。

 

この記事では、

・ゲーミングPCとは?

・ゲーミングPCの選び方

・ゲーミングPCおすすめBTOショップ

 

これらを解説します。

 

また現在の僕はゲーム歴15年でP

ゲーミングPCを自作して遊んだりしています。

他にもブログやYouTubeでゲームの情報を発信して収益化しています。

 

 

ゲーミングPCとは

 

ゲーミングPCというのは、

ゲームを快適にプレイするためにカスタマイズされたPCのことです。

 

そのため、一般的なPCに比べると

かなりハイスペックになるのでゲーム実況=ゲーミングPCが必要だという認識でOKです。

 

 

 

編集や配信に最適な性能

 

ゲーミングPCはもともとのスペックが高いため、

負荷の大きい動画編集やゲーム配信にも向いています。

 

スペックの低いPCだとカクついて作業が進まなかったり

配信がフリーズすることもあります。

 

カスタマイズ性

 

一般的なPCに比べるとゲーミングPCはカスタマイズ性が高いです。

ほとんどのケースが取り外し可能なので、

自分で必要なパーツを交換したり、ストレージを追加したりできます。

 

ただこれはデスクトップPCに限定した場合の話で

ノートPCの場合はカスタマイズ性が低くなってしまいます。

 

そのため、できるだけデスクトップPCを選ぶようにしましょう。

 

 

ゲーミングPCの選び方

 

ゲーミングPCの選び方としては以下を判断基準にします。

 

・BTOパソコンor自作PC

・CPU

・メモリ

・グラフィックボード

・ストレージ

・ノートPCはNG

 

BTOパソコンor自作PC

 

ゲーミングPCを選ぶ際はまずはBTOショップと呼ばれる

基本構成が予め決められたPCをショップで買うか

自分でPCを組むかを決めなければなりません。

 

僕は自作派ですが、これには専門知識も必要になってきます。

ただ今はYouTubeなどで自作PCを組む動画がたくさん出ているので

参考にしながら組むことも可能です。

 

ただ初心者の場合は自分でPCを組むのは

難しいこともあるので不安であればBTOショップで購入するのがおすすめです。

 

CPU

 

CPUとはパソコンの頭脳にあたるパーツです。

そのため、CPUの性能がパソコンのスペックに大きく関係してきます。

 

CPUは2種類あります。

intel

AMD

この2つの会社からCPUを選ぶ必要があります。

 

intelなら

種類としては、i5、i7、i9あたりがおすすめで、ゲーム実況をするならi7以上のモノ選びましょう。

また9700などの型番がありますが、

これは数字が大きいほど新しいということです。

 

BTOショップであれば基本的に最新のCPUを使っているので

ここはi7以上を選ぶことだけ覚えておけばOKです。

 

AMD

Ryzenと呼ばれるCPUで

5,7,9とありますが、おすすめはRyzen7の3000番台です。

Ryzenはintelに比べて値段が安く高性能なため、

今ならRyzenをおすすめします。

 

とはいえ、聞き慣れたCPUが良いという人もいるので

intelとAMDは好みで選んでも問題ありません。

 

メモリ

 

メモリとは、机の広さのことで

メモリが多いほど机が広くなるので幅広い作業を行えます。

 

ゲームをしながら配信ソフトを立ち上げて動画編集もする

となると16G以上は欲しいところです。

 

余裕を持って32Gを選んでおくのもありです。

ゲームだけなら8Gあれば問題ない場合がほとんどですが、

実況や配信となると最低でも16Gは必要だと覚えておいてください。

 

グラフィックボード

 

グラフィックボードとは、GPUと呼ばれたりしますが

映像情報を処理してディスプレイに映し出す高性能なパーツです。

 

一般的なPCにはほとんど搭載されていませんが、

ゲームをする場合はGPUがなければそもそもプレイできない

といったゲームも存在するため、ゲーム実況をするなら必須と言えます。

 

GPUはGTXとRTXの2種類が基本です。

GTXはミドルからハイクラスのGPU

RTXはトップハイクラスのGPUだという認識でOKです。

 

今からゲーム実況をやるならRTX2060以上を選んでおけば問題ありません。

おすすめはRTX2070です。

 

ストレージ

 

ストレージには2種類あります。

HDD 安くて速度が遅い

SSD 高くて速度が早い

 

基本的にはこの2つです。

最近は両方搭載したモノが主流でOSやソフトはSSD

動画や画像などのデータはHDD

といった使い分けもできるので両方搭載されているものを選ぶのが

値段も安くなるのでおすすめです。

 

 

ノートPCはNG

 

ゲーム実況をするならノートPCは止めておいたほうがいいです。

 

ゲーミングノートPCはありますが、

拡張性が低く、パーツの変更もできないので

寿命も短く、性能もデスクトップに比べると劣ってしまうため、

ゲーム実況をするならデスクトップPCを推奨します。

 

 

ゲーミングPCおすすめBTOショップ7選

 

おすすめBTOショップは以下の通り。

 

・ドスパラ

・マウスコンピューター

・パソコン工房

・FRONTIER

・@Sycom

・SEVEN

・パソコンSHOPアーク

 

ドスパラ

 

ドスパラはゲーミングPCでも有名なガレリアを販売しているショップです。

そのため、ラインナップも豊富で選択肢の幅が広がります。

 

価格帯も幅広く10万円~予算に合ったモノを選ぶことができます。

安心安定のブランドとして確率しているBTOショップとして

ドスパラは非常におすすめです。

 

 


ドスパラ

マウスコンピューター

 

マウスコンピューターではG-Tuneが有名でドスパラと並ぶ人気ショップの一つです。

CMでもたまに見ますよね。

 

またモデルも豊富で選択肢が広く、価格帯や性能、intel、Ryzen両方を取り扱っている点から

PC選びで困ることがないほどの品揃えです。

見た目もカッコいいモデルが多いのでG-Tuneはインテリアとしても活躍します。

マウスコンピューター / TOP

 

パソコン工房

 

パソコン工房は価格が安いことで有名でLEVEL∞というゲーミングPCを扱っています。

LEVEL∞では父ノ背中というプロゲーマーとコラボしたモデルも取り扱っているため、

プロも認めたBTOショップと言えます。

 

そのため、安くて有名なブランドPCが欲しいならパソコン工房がおすすめです。

 
パソコン工房
 

 

パソコン工房

 

FRONTIER

 

こちらはヤマダ電機傘下のブランドで創業20年以上の老舗。

そしてセールを頻繁にやっているため、安く買うことができます。

 

また安さを売りにしたショップなので期間限定セールなどを狙って

スペックの高いPCを手に入れるのも一つの手段です。

 

FRONTIER

 

@Sycom

 

サイコムはパーツをメーカーから自分好みにフルカスタマイズしたPCを組むことができるショップで

人気パーツをズラリと並べて、なおかつ相性サポートも充実しております。

 

パーツには相性というものがあり、相性が悪いと不具合を起こすことがあるので

そのあたりをサポートしてくれる点は安心できます。

 

そのため、1から自分好みのPCを組みたい人におすすめです。

とはいえ、ある程度の専門知識が必要になるので注意が必要です。

 

@Sycom

 

SEVEN

 

こちらはほぼ自作並みにカスタマイズできる点が特徴で

ドスパラやマウスコンピューターなどと違い、

パーツのメーカーまで選べるため、

オリジナルのフルカスタマイズPCを組むことができます。

 

ただある程度の専門知識も必要になってくるので

事前に知識を仕入れておくことは必須ですが、

通常で買うよりも高性能なPCを組むことができます。

 

ただパーツの品揃えはサイコムの方が多いです。

 

SEVEN

 

パソコンSHOPアーク

 

こちらは少しマニアックな品揃えで

通常とは変わったカスタマイズをすることができる秋葉原のショップです。

普通はこだわらないような部分に力を入れているため、

こだわりが強く、細かく選んでいきたいといった人におすすめできるショップです。

 

 

パソコンSHOPアーク

 

ゲーミングPCはお気に入りの1台を選ぼう

 

ゲーミングPCは決して安い買い物ではないですし、

一度買ったら長い間、相棒としてお世話になります。

 

そのため、後から後悔しないためにもじっくりと選ぶべきです。

 

いざ買ったけど、別のモデルが良かったとか

妥協して下のモデルを選んだけど、本当は一つ上のモデルが良かった

などとった失敗を無くすためにもゲーミングPCでやりたいことを明確にしておく必要があります。

 

 

 

自作PCもおすすめ

 

なかなか選べないという場合は、

自作するという手段もあります。

 

自作は難しそうに見えますが、実際はただパーツを組み立てているだけなので

やってみると意外と簡単だったりします。

それに後からパーツを変えたいときも容易にできますし、

ケースをサイドアクリルのモノに変えてLEDで光らせることもできます。

 

ただデメリットとしてトラブルが起きた際は自分で解決する必要があるので

そこさえ、問題なければ自作PCを選ぶという選択肢もあります。

 

 

またゲーミングPCは本体だけでは使えません。

合わせて周辺機器も揃える必要があります。

モニター、マウス、キーボードは最低限必要なので合わせて購入しておきましょう。

 

ゲーム実況、配信におすすめゲーミングモニター7選

ゲーム実況におすすめゲーミングマウス8選

ゲーム実況におすすめゲーミングキーボード7選

 

 

 

-ゲーム

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.