【2020年】アフィリエイトの今後について

更新日:

アフィリエイトは今後、稼いでいけるのか知りたい。

これからどうなっていくのか?

今稼げでもこの先、稼げなくならないか心配。

 

このような疑問に答えます。

 

この記事では

・【2020年】アフィリエイトは今後、稼いでいけるのか?

・今後アフィリエイトで稼いでいくための戦略

 

これらを解説します。

 

また現在の僕はアフィリエイト歴6年で

現在進行系でアフィリエイトで稼ぎ続けています。

そのため、これからアフィリエイトが

どうなっていくのかも予想が付きます。

 

 

【2020年】アフィリエイトは今後、稼いでいけるのか?

 

 

結論から言うと問題なく稼げます。

 

理由は単純に毎日新しいキーワードが増え続けているからです。

 

アフィリエイトはキーワードを狙って

上位表示をすることでアクセスを集め、

そこから一定数が商品を購入していくことで

収益が上がります。

 

 

つまり、キーワードが増え続けるということは、

アフィリエイトで稼ぐ場所が毎日増えているということです。

 

 

このことから、

アフィリエイトは今後も稼いでいくことができます。

 

例えば、最近だと漫画「鬼滅の刃」が話題になっています。

ですが、鬼滅の刃というキーワードは、

2年前にはそこまで需要はありませんでした。

むしろ、なかったかもしれません。

 

ですが、今は

鬼滅の刃 レビュー

鬼滅の刃 漫画〇〇巻

鬼滅の刃 アニメ

 

などのキーワードが一気に出てきて

そのキーワードで上位表示をすることができれば

大きな収益を上げることができます。

 

このようにキーワードは日々増えているので

アフィリエイトの今後については

そこまで心配することではないことがわかります。

 

 

 

企業がアフィリエイト参入

 

 

一方で既存のキーワードには、

突然、企業が参入してくることがあります。

 

例えば、マイナビ。

マイナビはもともと持っていたドメインパワーを

フル活用して参入したキーワードで

上位を独占していっています。

 

そのため、個人が戦うには分が悪く、

まともにやりあっても勝ち目はありません。

 

 

こういった場合にも攻め方はありますが、

それは次の「今後アフィリエイトで稼いでいくための戦略」で

解説します。

 

 

ここでは企業がアフィリエイトに参入してきて

たくさんのキーワードで上位表示をしている

ということを知ってもらえるとOKです。

 

 

 

今後アフィリエイトで稼いでいくための戦略

 

今後アフィリエイトで稼いでいくための戦略は以下の通り。

・企業が参入できないジャンル

・新しいキーワードを攻める

・個人の方が強いジャンル

 

 

企業が参入できないジャンル

 

企業とまともに戦っても勝ち目がないことは明白です。

なので、最初から企業と戦わない方向で

ビジネスを進めていく戦略です。

 

例えば、

ア○ルト系や情報商材は企業がなかなか参入できないジャンルです。

現にこれらのジャンルは個人ブログが多く、

ライバルも少ないため、

上位表示に成功すれば一気に収益を上げることができます。

 

 

ただそういったジャンルは少し特殊な知識が必要だったり、

グレーな場合も多いので参入する際は

よく調べてから参入するように気をつけてください。

 

 

知らぬうちに間違った方向に進んでしまうこともあるので

初心者は特に注意が必要です。

 

ですが、まともなジャンルで

扱う商品も問題なければガンガン攻めていくべきです。

 

 

企業が参入してこないので

長く安定した収益をもたらすことができますし、

ジャンルの幅を広げて更に収益を伸ばすこともできます。

 

 

新しいキーワードを攻める

 

これは先程の鬼滅の刃の例で説明した通りです。

 

キーワードは毎日増え続けているので

アフィリエイトで稼げなくなることはありません。

 

そのため、新しいキーワードが出たら

そのキーワードをガンガン攻めていく方法があります。

 

この方法はトレンドアフィリエイトと似ていますが、

トレンドアフィリエイトは流行りネタを扱うので

誰よりも早く記事を書くことが重要です。

 

ですが、新しいキーワードを攻める場合は

早く書く必要はなく、新しいキーワードで誰よりも詳しく、

価値のある記事を書くことが重要になります。

 

そのため、今後ロングテール(長く需要のあるキーワード)になりそうなキーワードを

中心に攻めていくのが基本スタイルです。

 

 

この方法であれば初心者でも参入しやすく、

ネタは勝手に増えていくので

初心者にもおすすめできる方法です。

 

ですが、1つ注意点があります。

それは「ジャンルを統一することを意識する」ことです。

 

あまりにもジャンルがバラけてしまうと

狙った層を集めるのが難しくなりますし、

訪れた読者が他の記事を読む確率は低くなります。

 

そのため、最初はジャンルを3つくらいに絞るのがおすすめです。

 

 

個人の方が強いジャンル

 

これは企業よりも個人の方が有利なジャンルのことです。

 

例えば、体験談が重要なジャンル。

YouTube系

子育て系

などがあります。

 

これらはキーワードによっては

企業も参入していますが、

個人でも上位表示を狙うことができます。

 

Googleはオリジナリティを重視しているので

子育てなどは個人の経験やノウハウをがっつり公開することで

企業とも渡り合うことができます。

 

このあたりは企業も弱いジャンルなので

攻める価値は十分にあります。

 

 

もし何かしら経験を活かせるジャンルがあるのであれば

迷わず参入することをおすすめします。

 

 

アフィリエイトはまだまだ余裕

 

アフィリエイトは正直に言うとまだまだ余裕で稼げます。

キーワードは無限に増えるし、

商品も無限に増えています。

 

なので、アフィリエイターにとっては

稼いでくださいと言われているようなモノです。

 

 

そのため、アフィリエイトはこの先が不安だと思っていたとしても

自分を信じて前に進んでOKです。

 

問題なく稼いでいけます。

 

 

では、これで終わりますが

最後にこの記事を読み終わったら

早速作業しましょう。

 

作業しなければ何も始まりません。

 

まずはブログを作る

WordPressでアフィリエイトを始める方法を初心者向けに解説

 

すでにブログを持っているなら記事を書きましょう。

アフィリエイト記事の書き方をブログ特化で解説【文章の本質も合わせて解説】

 

 

 

-アフィリエイト

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.