これから需要のある仕事とは? 時代の変化で増える仕事

投稿日:

どうも中山です。

 

あと5年、10年もすれば働き方も

随分と変わっていると思います。

 

 

これから需要のある仕事

 

5年後に無くなる仕事や新しい仕事など様々でしょう。

 

例えば、

スーパーなどのレジを使う店なんかは、

セルフレジの導入が進んでいます。

 

僕も今さらですが体験しました。

通常のレジに並ぶよりもセルフレジの方が

スムーズに行く印象でした。

 

こりゃ便利だな。

 

5年後にはセルフレジが当たり前になっているかもしれませんね。

 

最近だと自動運転ですね。

これが実用化されればバスやタクシーの運転手は必要無くなります。

 

 

他にもCDやDVD、ゲームなんかは

データ化してますね。

映画やアニメに視聴サービスはどんどん増えてます。

レンタルの場合、返却期限など存在しますが、

ネット上の場合、返却の必要はありません。

 

 

 

ゲームもダウンロード版というものがあり、ネット上で購入後、すぐにプレイできる便利なサービスです。

 

 

僕が住んでいる場所は田舎なので

買いに出ると30分はかかる。

だからダウンロード版をフル活用しています。

これがあるだけで移動の手間が省けます。

 

これから需要が出てくる仕事とは?

 

機械化、データ化が進むにつれて、

本来必要としていた労力が必要無くなり、

コスト削減という名目でリストラに遭う人も増えてくるでしょう。

 

 

つまり5年後、10年後に無くなる可能性があるということ。

 

リストラ対策が必要な時代

 

これから就職をする人達は収入の柱を1つの企業に依存するのは、

非常に危険なことです。

 

大手企業=安定安心

 

そんな時代はもうすぐ終わります。

 

 

そこそこ自由になれるバイトの方がマシかもしれません。

 

学歴などは企業にとって価値のない判断材料になっていくでしょう。

 

 

これからは食べ物に困らず、余裕ある時間を確保して

家族と幸せに暮らすための定義は大きく変わってきます。

 

ソニーやパナソニックなど電機メーカーにかぎらず、

音楽やレンタル業など、下手すると

どんどん潰れていきます。

 

 

価格を下げて価値を下げて、

薄利多売のコンテンツを元の状態に戻すことはできません。

 

一度価値が低いと感じてしまうとコンテンツの価値は上がりません。

 

例えば、TSUTAYAなどのレンタル屋。

3年程前は、300円くらいが相場だったのに

今や100円が当たり前になってますね。

今300円で出せば高すぎると言われます。

 

 

量産しなければ利益が出ないので、

労力も倍以上必要になります。

そのために従業員の給料を払うための経費も使いたくない。

 

だから機械に働かせて、従業員を減らしていきます。

これからの労働者はどんどん過酷な生活を強いられていきます。

 

労働者が提供できるのは時間と労力です。

 

 

新しい仕事が生まれる

 

ただ悪いことばかりではなく、

僕らにとっては良いこともあります。

 

ネットが普及するほど、

個人で稼ぐことが容易になっていきます。

 

今後youtuberやアフィリエイターはどんどん増えていくでしょう。

 

新しい時代の働き方

機械化や自動化の話題は

『今のうちに対策を』

『仕事が無くなる』

などといったネガティブに捉えがちですが

個人がネットを使って稼いでいくことが

比較的容易になっていきます。

 

 

まあ今でも高校受験よりは簡単ですけど。

5年後、10年後には、もっと簡単になっているでしょうね。

 

僕は今の時代に生まれて良かったと思います。

これが一昔前に生まれていたら、

企業に雇われてコキ使われるしか選択肢がなかった。

 

 

今だからこそ個人という道を選ぶことができました。

 

確かに時代の変化でシステムや機械化に伴い、職を失う人は出てきます。

これはほぼ100%です。

 

ただその反面、システムなどを活用して

個人で生きていく人も増えていきます。

 

 

 

今の職の寿命まで働き続けるか、

時代の変化に乗って新たな価値を提供するスキルを習得するか、

どちらかを選択しなければならない時代がきますね。

 

 

僕は、後者で時代の変化さえも利用していくというポジティブな考え方の方が

将来安定した生活を送れると思います。

 

 

やはり時代は変わっても

お金の悩みは尽きません。

 

 

いつの時代もお金に悩む人もいれば、

裕福な暮らしをする人もいる。

 

 

労働の価値が下がる

 

労働者が提供できる唯一の価値を

機械化することで無限に生み出せるようになります。

 

そうなれば人を雇うより機械化した方が利益がでます。

 

 

ただ大手企業のように量産が必要なビジネスよりも

少ない数で利益を出せる個人が圧倒的に強い時代がきます。

 

ネットが普及して個人でビジネスを始めることが簡単になりました。

特に情報系のアフィリエイトは利益率が半端ないです。

 

例えば、

僕がブログやメルマガで売っている商品の1個あたりの報酬が10000万円だったとします。

それを1日1個売れば、30万円。

 

月に30万円稼ぐために必要な経費は年間3万円程度。

そして読者が増えれば収入も増えていきます。

 

しかも読者がいくら増えても労力は増えません。

100人だろうと1000人だろうと

送信をクリックするだけ。

 

 

某アフィリエイターは毎日適当な生活をしながら月100万円稼いでいます。

昼に起きてゲームしてご飯食べて寝て。

こんな生活をしても月100万円稼げるようになります。

 

企業に雇われて1日8時間、週5日も働くのがバカらしくなります。

 

特に個人で生活している人は雇われの人に比べて、

自由で生活の安定を手にしています。

 

1日1本の商品を売るだけでそんな生活が手に入ります。

 

いい大学を出て、いい会社に就職して資格を取りまくって。

毎日の通勤ラッシュに耐えながら、辛くても休まず働き続ける。

そんなサラリーマン達なら1日1本の商品なんて普通に売ることができます。

 

日本のサラリーマン達ならそれくらいは確実にできます。

少なくとも高校受験や大学受験よりも簡単です。

 

まだ危機感を持っていない人達が多い中、

気付いた人はどんどん変えていった方がよさそうです。

 

この先5年後、10年後は今よりも幸せでいたいですね。

 

-労働とお金

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2020 All Rights Reserved.