ひぐらしのなく頃にアニメ1期を見た感想と見どころをご紹介

更新日:

ひぐらしのなく頃にの新作が放送中ですが、

それに伴って、改めて1からアニメを見直したので

その感想と見どころのポイントをご紹介します。

 

また記事の後半では、無料で観る方法もご紹介しているので

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

ひぐらしのなく頃に 概要

 


ひぐらしのなく頃にとは、

同人サークル『07th Expansion』が制作した同人ゲームを原作として

テレビアニメ化された作品です。

 

制作会社はStudio DEEN。

 

登場人物とキャスト

・前原圭一 保志総一朗

・竜宮レナ 中原麻衣

・園崎魅音 ゆきのさつき

・北条沙都子 かないみか

・古手梨花 田村ゆかり

・園崎詩音 ゆきのさつき

 

主要アニメ1期キャラクターはこのメンバーになります。

 

続編については以下の記事で感想を述べています。

ひぐらしのなく頃に解

ひぐらしのなく頃に解【アニメ2期】を観た感想

ひぐらしのなく頃に礼

ひぐらしのなく頃に礼【アニメ3期】を観た感想

ひぐらしのなく頃に煌

ひぐらしのなく頃に煌【アニメ4期】の感想

ひぐらしのなく頃に業

ひぐらしのなく頃に業【アニメ5期】の感想と無料で観る方法

ひぐらしのなく頃に アニメ1期のあらすじ・ストーリー

 

原作「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」「暇潰し編」目明し編」「罪滅し編」

これらを全26話でアニメ化。

 

ストーリーは主人公の一人である前原圭一が都会から田舎に引っ越すことになり、

その引っ越し先が今回の舞台となる雛見沢と呼ばれる村に着くところから

スタートします。

 

この村ではある日の晩に毎年のように人が姿を消す事件が

起きており、主要メンバーがその事件に深く関わっていくことになり、

さまざまな結末を迎えることになる。

 

 

ひぐらしのなく頃にアニメ1期を見た感想とネタバレ

 

ひぐらしのなく頃には、僕がアニメにハマりだした時期に放送されていた作品で

1話を観た時は流行りの萌え系アニメかなと思いましたが、

話数を重ねるにつれて、他のアニメとは違うぞ

と思うようになりました。

 

特に1期はかなりグロいシーンが多く、

衝撃を受けました。

 

こんなアニメ放送していいのか?

と疑問に思うほどでした。

 

それは世間を騒がすほどで、当時はちょっとした問題にもなっていたほどです。

 

僕もびっくりしましたし、当時アニメを観ていた人達は、みんな衝撃を受けていました。

2chあたりはかなり盛り上がって今までのアニメとは違う、異色のアニメがキター

みたいな感じで王道をぶち壊す存在として

伝説的なアニメの1つに数えらています。

 

ストーリーが面白い

 

とはいえ、ストーリーはめちゃくちゃ面白かったです。

少しミステリーな感じでさまざまな場所に伏線を散りばめながら、進んでいくストーリーは、

原作のゲームに近い感じがしました。

 

それに選択による分岐点が多く、

ノベルゲームをしっかりと再現しています。

 

またキャラクターはかなり個性的で

当時流行っていた萌え要素を若干、含めてはいますが、

ストーリー的にそれが逆に怖さを引き立てています。

 

まさに表と裏を表すかのように表情がコロコロ変わったりするので、

可愛いなと緩い気持ちで観ていたら、ダメージが大きくなります。

 

つまりひぐらしのなく頃には、

表現はキツいけど、

内容はかなりおすすめなアニメです。

 

 

 

ひぐらしのなく頃にアニメ1期の見どころ

 

ひぐらしのなく頃にアニメ1期の見どころは以下の3つ。

・主要メンバーのさまざまな結末

・謎が謎を呼ぶ不可解な事件の数々

・序盤から後半にかけて張り巡らされた伏線

 

主要メンバーのさまざまな結末

 

ひぐらしのなく頃には、

少しネタバレをすると複数の結末が存在するマルチエンド形式になっています。

 

例えば、前回消えたキャラクターが

次回には普通に居たりします。

 

そのため、主要メンバー達のそれぞれのエンドが用意されています。

ただ初めに言っておくとマルチエンドは基本的に全てバッドエンドです。

 

そして主要メンバー達がそれぞれ違った形でエンドを迎えることになりますが、

キャラクターそれぞれでストーリーがしっかりと作り込まれており、

バッドエンドだけど、面白いストーリーに仕上がっています。

 

おそらく、アニメを見始めたら

このキャラクターはどんな結末を迎えるのだろうか?

とすごく気になるはずです。

 

そしてそれぞれが迎えた結末には、最後に繋がるハッピーエンドに必要な要素でもあるので

たとえ、バッドエンドでもなくてはならない要素なのです。

 

僕もバッドエンドルートに張り巡らされた伏線を回収するために、

いろいろ考察しましたし、いろいろな方が議論や考察で盛り上がっていました。

 

謎が謎を呼ぶ不可解な事件の数々

 

ひぐらしのなく頃には、ミステリーやサスペンス要素が強いため、事件が頻発に起きます。

 

特に物語の中心になる綿流しのお祭り事件は、

毎年のように起こっており、

調べても痕跡すら見つからず、調べれば調べるほどに謎が増えていきます。

 

作中には主要メンバーに近い刑事のキャラクターがいますが、そのキャラクターが事件を調べており、さまざまな方向で調査をしますが、

一向に手がかりは掴めない状態です。

 

そして軽いネタバレとしてこの事件には裏の組織が関わっており、

知りすぎた人間は消されてしまうことあるほどです。

 

僕も毎回考えながら、観ていましたが、予想はことごとくハズレており、

まさかの展開に驚いた記憶があります。

 

まさに緻密に作り込まれたストーリーだなと感心しつつ、考えさせられるアニメだなとも感じました。

 

そのため、推理物が好きな方にも非常におすすめで、展開を予想しながら観ることで

面白く観ることができます。

 

ただ内容は少し難しいので最初は混乱するかもしれませんが、話が進むにつれて徐々に理解できるようになっていきます。

 

序盤から後半にかけて張り巡らされた伏線

 

 

ひぐらしのなく頃には、サスペンスホラーなので、伏線が至るところに仕込まれています。

 

それに加えてマルチエンドというストーリーながら、全てが繋がっており、

マルチエンドの中にもハッピーエンドに繋がる伏線が隠れており、

それらが明かされた時には『なるほどな』と感心しました。

 

イメージとしては、点と点が繋がるような感じです。

 

あのシーンでこっちを選択しておけば、

こうならなかった

というシーンが非常に多く、それぞれが別の世界でありながらも、1つに繋がるという流れが非常に鮮やかで、

こんなストーリーを考えた作者のファンになりました。

その結果、DVD全巻そろえたり、ゲームも全てプレイしたりと、当時は僕の中でひぐらしブームが来ていました。

いずれ、聖地となった作中に登場する雛見沢村のモデルである

岐阜県の白川郷の白川八幡神社もとい、古手神社に聖地巡礼に行きたいと思っております。

 

 

また僕の楽しみ方として、伏線が明かされた後にもう一度、そのシーンを観返すというやり方があります。

 

これは本当に面白く、さまざまな伏線の意味を深く知ることで、よりひぐらしのなく頃にを楽しめるようになっています。

 

 

 

 

ひぐらしのなく頃にアニメ1期を無料で観る方法

 

 

ひぐらしのなく頃にアニメ1期を無料で観る方法は、U-NEXTの無料トライアルを利用する方法です。

 

 

U-NEXTがおすすめな理由

・31日間の無料トライアル

・200000本以上の作品が見放題

・他アニメ作品も豊富

 

また無料トライアル期間中であれば、

料金はかからず、期間内に解約すれば

観たいアニメだけを無料で楽しむことができます。

 

よくある解約の縛りなどもなく、

いつでも解約可能です。

 

もちろん、継続して契約することで好きな作品をいつでも視聴することができますし、

暇な時間にまだ観たことがない作品を観ることもできるので、U-NEXTを使い続けるのがおすすめです。

 

そしてU-NEXTでは、ひぐらしのなく頃にアニメの続編も観ることができるので、

一気に最後まで観ることができるのも

おすすめポイントです。

 

U-NEXT

-アニメ

Copyright© ケンボーの趣味ログ , 2020 All Rights Reserved.