辛いことから逃げるのは悪いことではない

更新日:

どうも中山です。

 

今回のテーマは会社から逃げることについてです。

 

今も昔も会社を辞めることは

悪いことだと一般的に思われています。

 

でも僕はそうは思いませんし、

その価値観は自分を苦しめるものだと思っています。

 

 

 

 

辛いことから逃げる=戦略的撤退

 

 

例えば、

会社から逃げたい理由のほとんどが

人間関係の問題や残業にあります。

 

でも実際に行動に移す人はごく僅かです。

 

それは逃げることを恥ているからです。

 

そりゃ世間体にいい印象は与えません。

でも本当に辛いなら逃げてもいいんです。

 

逃げたいと思っている本人からすれば苦痛で

今すぐにでも逃げたいと思っているのだから。

 

 

反対する人間は敵だ!

 

同僚や上司に会社をやめるのを相談すれば

反対する人は少なからずいると思います。

 

だったらこのまま働き続けて

仮にうつ病になって働けなくなった場合

その人達が責任を取ってくれるのですか?

 

絶対取らないですよ。

 

そんな無責任な人たちの言うことは

無視して構いません。

 

さっさと逃げてしまいましょう。

 

 

辛いことから逃げずに頑張った結果

 

僕もそうですが、

僕の周りでも仕事が辛くて逃げ出したい気持ちを我慢して、

仕事を続けて鬱になった人もいます。

 

その結果、働くことができなくなり、家族にも迷惑をかけて

大変な思いをしていました。

 

だからこそ、

辛いことがあれば我慢せずにさっさと逃げてしまうのがベストです。

 

ただ何でもかんでも逃げてしまうのも

自らの成長を止めてしまうこともあります。

 

逃げてはダメなこと

 

逃げてはダメなことは

・自分の成長に繋がること

・続けることで将来的に幸せになれること

・やる前から逃げる

 

この3つはなるべく逃げないようにするのが

将来的に幸せになれます。

 

これらは自分のためにもなりますし、

ここで逃げてしまうともっと悪くなる可能性もあります。

 

 

 

自分の成長に繋がること

 

自分の成長に繋がることから逃げてしまうと

逃げ癖が付いてしまい、全く成長しない人間になってしまいます。

 

だから努力するべきところは

しっかりと努力しなければなりません。

 

ここで逃げてしまうのは、

戦略的撤退とは言えません。

 

これは本当の意味で逃げたことになってしまいます。

 

 

だからこそ、自分の成長に繋がるかどうかを見極めてから

逃げるかどうかを判断するようにしまいしょう。

 

 

続けることで将来的に幸せになれること

 

これは例えば、

自分の夢に繋がることとか、

自分や家族の幸せに繋がることとか

そういったモノから逃げるのはおすすめしません。

 

僕は会社を辞めて自分や家族との時間を作る

という目的で情報発信を始めました。

 

 

現在は無事に会社を辞めることに成功しましたが

それまでは辛いことからも逃げずに必死に努力してきました。

 

もし途中で諦めていたら、

今も辛い仕事をずっと続けていたと思います。

 

だからこそ、自分の夢や目標を叶える努力はするべきだと強く思います。

 

 

やる前から逃げる

 

やる前から逃げてしまうのは、

完全に逃げ癖が付いてしまっている証拠です。

 

それが辛いことかどうかもわからずに逃げているので

自分の成長に繋がるのか?

夢を叶えるために必要なことなのか?

そういった判断ができません。

 

それにもしかしたら、それが人生を変えるチャンスかもしれません。

 

それを判断できるのは行動した人だけです。

 

だからまずはやってみてから

判断しても遅くはないのかなと。

 

 

 

逃げる前に次にすることを決めましょう

 

ただ会社を辞めるだけでは生活ができませんよね。

 

家族がいる場合はなおさらです。

嫁や子供を露頭に迷わすわけにはいきません。

 

家や車のローンがある場合はなおさらです。

 

そうならないためにも

先に転職先あるいは独立するかを決めておかなければなりません。

 

ただ転職先でも同じような状態にならないためにも

ある程度調べておかないと後々大変な事になりますね。

 

会社が嫌で辞めたのにまた同じような会社で働いたら意味がありません。

 

転職はある意味ギャンブルみたいなものです。

表面上はある程度は調べるこができますが

中身は実際に働いてみないとわかりません。

 

 

 

そこでもう一つの選択として独立も視野に入れておきましょう。

 

現在では、ネットを使った様々な働き方が存在します。

YouTuberやブロガーなんかが良い例です。

 

僕もブログとメルマガを使ってビジネスをしていますし、

探せばいくらでも出てくるので

良い時代になったなと思います。

 

 

まとめ

 

生きていたら逃げ出したくなるくらい辛いことって

何回もありますよね。

 

でも日本では逃げる=悪

みたいな風潮があるので

なかなか素直な気持ちを出すことができません。

 

だから我慢をしてしまい、鬱になったり、

もっとひどいことになったりしてしまうのです。

 

そこまで我慢するくらいならさっさと逃げてしまったほうが良いですし、

それを続けたからといって人生が良くなる保証もないし、

むしろもっと悪くなる可能性すらあります。

 

だからその辛さが自分のためなのかどうか?

もし、何のためにもならない辛さなら

さっさと逃げるのが自分のためにも、周りのためにも得策だと思います。

 

 

では。

 

 

 

自由な人生を手に入れる方法を記した電子書籍を無料が読めます。

僕は元々どこにでもいるようなサラリーマンでしたが、今は好きなことをしながら家族と自由に過ごしています。
 
 
特別な才能があったわけでもなく、
貧乏な家庭で育ち、結婚後も貧しい生活をしていました。

仕事も上手くいかず失敗ばかりでした。

そんな僕でもビジネスに出会って真剣に取り組み始めてたところ、人生を変えることができました。
 

そしてビジネスを学んでみてわかったのが、人生を変えるのに運や才能は必要なく、
勉強と正しい努力をすれば
誰でも自由な人生を手に入れることができると確信しました。
 
 
そんな自由な人達が周りに増えていったら、人生がもっと楽しくなると思いませんか?
 
 
そういった思いから、元々貧乏サラリーマンだった僕が何をしてゼロから人生を変えたのか、その方法を電子書籍にまとめてみました。

20分程度で読める内容になっているので

もし興味があれば読んでみてください。
 
 

→電子書籍『自由な人生の設計図』を読んでみる

 
 
メールアドレスを入力すれば、受け取ることができます。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
読んでいただいた証拠にポチッとしてくれると喜びます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
 
この記事が役に立ったと思ったらシェアして頂けると嬉しいです。

-思考(マインド)

Copyright© 趣味や家族を優先して楽しく生きる方法を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.